carrot juice」タグアーカイブ

失読症が10日で治ったある飲み物・・

自閉症、学習障害、ADHD/ADD、識字障害、失読症の周辺は、多くの症状が重なり合っている。

その中での共通点が消化異常だというのがGAPSの考えだが、

スペクトラムの中には、文字が得意でスラスラ読んだり書いたりするケースもあり、また、違うケースもある。

ある、米国の、今となっては優れた栄養専門家となったこの方の場合、

失読症(dyslexia)が、あるものを食べ(飲み)はじめてから10日で治った

という。「治った」話は、とにかく聞かねばならぬ・・・

dyslexia

本を読めないのは識字障害のせい?

ってことで、彼のインタビューからはじまり、著書群を読むようになった。

彼の名はアージョナス。プライマル・ダイエットと呼ばれる健康法の創始者である。

このインタビューの内容をいずれご紹介したいが、・・・それにしても

この人が「飲んだもの」とは一体なんであろう??

 

彼の本やインタビューからつかんだ情報によると・・

「自閉症ではあったが、コンピュータのプログラムを書く訓練を受けて、当時その仕事をしていた。自閉症の他にも子供のころからあらゆる病気に見舞われ、当時、体中が痛く、家の中をはい回って移動した。その頃、二人のボランティアが家に来て助けてくれるようになり、そのうちの一人が、どこかで得た情報で、生乳とニンジンジュース(生)がよいといい、それを飲ませてくれるようになった。それまでは、様々な病気の治療の結果、歯がぼろぼろだったので、うまくかめず、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて飲んでいた。。

私はとにかく本が読めない人間だった。読もうとして本を見ると、すべてが渦巻いて目が回り、ときには吐き出してしまったほどだった。そして、このボランティアたちのくれた生乳と生ニンジンジュースを飲み始めて、10日後、突然、まったく突然霧が晴れるようにして、本が読めるようになった。・・・ その後、生のものがよいということがわかり、それを勉強するようになった。胃の迷走神経を手術で切っていたので、生のものは食べない様に、と医者にきつく言われていたが、生を食べ始めて、体がよくなり、頭がすっきりしたため、生の食べ物を追及するようになった。」

彼はその後も数々の病気や症状にみまわれるが、そんな中で「人間が本来食べるべきものは何か」を身を以て探し続ける。

一見ちょっと変わった食事法であるが、ガンをはじめ、自閉症も含む様々な症状を治している。

「アハ!」な瞬間が満載の著書は下記。

ウェブサイトは:こちら

参考書はコチラ

Related Posts: