ADHD」タグアーカイブ

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

発達障害の周辺には何がある?

 

発達障害かどうかだけ見ていればいいのだろうか?

 

最近、必ずと言っていいほど出てくる話題が、発達障害とその周辺にあるその他の障害名でよばれる症状たちだ。

 

統合失調症かしら?という、いわゆる「わからない時には、全部そっちのカテゴリーに入れよう」的なもので呼ばれたりする、そのなんだかわからないけど、ご家族を含めて、通常の平穏な生活ができないタイプの子供や大人がいる。

 

なんでも、彼らの親や家族によると、共通するのが小さいころから、「たしかにちょっと変だった。」「ふつうと違っていた」ということである。しかし、診察や診断をすすめられるにまではいたらなかったり、すすめられても、親は「うちの子は個性が強いだけで大丈夫」だと思い、発達障害を疑ったり、検査や診察にはいかなかった。また、行ったとしても、案外「様子見」だったりしたのかもしれない。

  続きを読む

Related Posts:

失読症が10日で治ったある飲み物・・

自閉症、学習障害、ADHD/ADD、識字障害、失読症の周辺は、多くの症状が重なり合っている。

その中での共通点が消化異常だというのがGAPSの考えだが、

スペクトラムの中には、文字が得意でスラスラ読んだり書いたりするケースもあり、また、違うケースもある。

ある、米国の、今となっては優れた栄養専門家となったこの方の場合、

失読症(dyslexia)が、あるものを食べ(飲み)はじめてから10日で治った

という。「治った」話は、とにかく聞かねばならぬ・・・

dyslexia

本を読めないのは識字障害のせい?

ってことで、彼のインタビューからはじまり、著書群を読むようになった。

彼の名はアージョナス。プライマル・ダイエットと呼ばれる健康法の創始者である。

このインタビューの内容をいずれご紹介したいが、・・・それにしても

この人が「飲んだもの」とは一体なんであろう??

 

彼の本やインタビューからつかんだ情報によると・・

「自閉症ではあったが、コンピュータのプログラムを書く訓練を受けて、当時その仕事をしていた。自閉症の他にも子供のころからあらゆる病気に見舞われ、当時、体中が痛く、家の中をはい回って移動した。その頃、二人のボランティアが家に来て助けてくれるようになり、そのうちの一人が、どこかで得た情報で、生乳とニンジンジュース(生)がよいといい、それを飲ませてくれるようになった。それまでは、様々な病気の治療の結果、歯がぼろぼろだったので、うまくかめず、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて飲んでいた。。

私はとにかく本が読めない人間だった。読もうとして本を見ると、すべてが渦巻いて目が回り、ときには吐き出してしまったほどだった。そして、このボランティアたちのくれた生乳と生ニンジンジュースを飲み始めて、10日後、突然、まったく突然霧が晴れるようにして、本が読めるようになった。・・・ その後、生のものがよいということがわかり、それを勉強するようになった。胃の迷走神経を手術で切っていたので、生のものは食べない様に、と医者にきつく言われていたが、生を食べ始めて、体がよくなり、頭がすっきりしたため、生の食べ物を追及するようになった。」

彼はその後も数々の病気や症状にみまわれるが、そんな中で「人間が本来食べるべきものは何か」を身を以て探し続ける。

一見ちょっと変わった食事法であるが、ガンをはじめ、自閉症も含む様々な症状を治している。

「アハ!」な瞬間が満載の著書は下記。

ウェブサイトは:こちら

参考書はコチラ

Related Posts:

腸脳連結

腸脳連結

N:「腸心理症候群」(Gut and Psychology Syndrome)というのが私の著書のタイトルです。略して、GAP症候群とかGAPSといいます。この子たちは、医療的知識のギャップに入っています。それで、この名は非常に適切です。自閉症の子供たちは、識字障害、運動障害、ADHD、多動性障害、うつ、強迫神経症、そううつ、そして、統合失調症というスペクトラムの中にあります。

これらすべての症状はみな共に同じ経路で起こります。異常腸内細菌叢、腸管のもれ、消化管で発生した毒素が血流、そして脳に到達し、脳の正常な機能、脳の正常な発達を阻害します。それで、腸心理症候群です。  続きを読む

Related Posts:

障害?性格?超軽度からの心理的症状

血液脳関門 について

腸-生理症候群(GAPS)では、体の様々な臓器、器官が攻撃されるというお話をしました。それは腸壁が損傷しており、また腸に異常細菌叢があるからです。

このようにして流れ出る毒素がある特別なバリアーに到達します。これが血液脳関門です。ここを超えると、脳、神経系に流入します。そこから腸心理症候群になります。これについてはすでに本を出しました。 続きを読む

Related Posts: