酵素」タグアーカイブ

毎朝カフェイン飲んでる?

生バターによる驚くべきヒーリング

 

生バター

一度も加熱処理されていない生のバターが治す

脳神経などへの働きはクリームはバターほどではない。生バターが最もすぐれている。

私の食事法では、バターを特に強調している。これを第一に取らねばならない。

 

I:あなただけではなく、サリーファロンなどがいます。多くの研究があります。

 

しかし、まだ細菌恐怖症から抜け切れない。まず生肉を冷凍しろ、という。バターを冷凍しろ、など。牛乳を冷凍しろとは言ってないからましだが。

しかし、私の行った動物実験で、冷凍していた肉を与えた群には皮膚病が現れた。

続きを読む

Related Posts:

低温殺菌、高温殺菌、乳糖不耐性

生乳か低温殺菌か?

 低温殺菌高温殺菌、乳糖不耐性・・

 

I:生の肉を食べたら、菌に侵されて病気になる、という神話があります。これに対して、加熱したタンパク質は、安全なのでしょうか?

 

これについては私の著書(Diet Tribe and Getting well)で説明したが、13年間、生を食べてなんの病気もなかった。私は解毒治療、薬物治療などやっていたが、それについては便、尿、組織検査などで検査の数字が出ている。薬物治療や放射線治療からは多量のヨウ素がはいった。その裏付けは検査機関での証明がある。菌からの病気はなかった

 

医療業界は巨額のもうけがほしい。ロックフェラー、ロスチャイルド、カーネギーなども同じだ。彼らは、ちょうど軍隊のようなプログラムを採用しなければならなかった。軍にいさせるためには、敵に対する恐怖や不安を与えなければならない。攻撃に対する痛みだ。行って同じ人間を攻撃しろ、殺せ。そのために彼らはこちらの宗教に反対しているだの、主義政策に反対しているだの、信じる。たとえそうでも、彼らは何の問題もなく暮らしているのに。。同じようにして菌が自分の体に対して攻撃し、そして病気になると信じさせる。何が怖いのか、といえば、生乳などだという。事実は、生乳でこれ以上健康にならないのに。

 

masai

マサイ族

マサイ族、スー、サムサブルー、エスキモー、すべてについて、生の肉、生の乳を続けていれば病気にかからない。

 

:タンパク質加熱で、体にどのような化学反応がおこるのでしょう?たとえば、殺菌乳で、ホモジナイズされたものはどうなりますか?

 

理論上では、

40°で、酵素が焼ける、それで、組織を作る能力がなくなる、消化できなくなる、

44°まででビタミン類が不安定化する、

50°で、酵素が完全に焼かれ、不安定化し、効力が消され、

50.6~52.8°でビタミンが完全に不安定化、体がどのように努力しても再構築できない、

そして、タンパク質が壊れる。

カルシウムは、生乳と比べると、62.8度を15~30秒保つだけで その50%は排泄される。

現在では132°で超高温加熱をしている。それで、成分は完全に破壊されている。

 

I:乳糖不耐性のある人々が非常に多くいますが、生乳を飲む場合と、殺菌、ホモジナイズされた乳と比べてどう違いますか?

 

殺菌乳の場合、焼灼された乳酸も飲んでいる。消化できないので、血流に行き、細胞にガラスのように切り傷をつくる。アレルギーがある人は粘液を作れない。

 

アージョナスのインタビュー訳つづく

最初から読む

Related Posts:

あなたの体の99%は細菌

Aajonus, founder of the Primal Diet

Aajonus, founder of the Primal Diet

 

ボランティアたちは私のために買い物をしたり、必要なものをとって来てくれたりした。また、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて食べさせてくれた。

放射線治療ののち、口の周りの骨が溶けたので歯が全部ぐらぐらした。自分の歯でかむと出血して数時間続いた。それで、週に二回の輸血をした。また、クリスピーライスもよくくれた。砂糖だらけだ。さらに4さじの砂糖をいれた。そうして加工乳が消化できるようにした。

 

ある時、この若い18歳のアフリカ系アメリカ人の少年が生のニンジンジュースと生乳をくれるようになった。私は21歳で、この18歳の若い青年は歌手でお金はたくさんもうけていた。10日ほどニンジンジュースと生乳をのんだら、自閉症が止んだ。もちろん、すぐには全快しない。歯や骨も治るのに2,3年はかかる。

 

また、料理しないものは食べてはいけないと言われていた。バナナもリンゴも蒸して食べた。そうしないと死ぬと言われていた。つまり、ばい菌や寄生虫が入ったら私には胃酸がないので、それらを殺せない。

全部医療界の神話だ。ナンセンスなのだ

 

I:生のジュースや生乳からの生きた酵素で回復にむかったのですね。

 

酵素に、生きているとかいうのはなく、それはタンパク質だ。菌は生きている。

体を見ると、99%が細菌だ。抗生剤を飲むたびに自分の体の細菌を破壊しているのだ。

抗生剤を5日続けると、細菌の1%は死ぬ。それによってあなたの活動や機能が破壊される。10日や何週間も、何年も飲む場合がある。

 

私の母は聞こえが悪く、補聴器をインプラントしていた。ドクターはその期間抗生剤を飲むようにとした。その結果、母は消化できなく、機能できなくなり、死にかけていた。それで、私は彼女にパパイヤをあげて消化をたすけ、それで母は生き返った。実際、母のところへは「さよなら」を言いに行ったのだが。私の息子を生き返らせたのも同じようなことだった。どちらも食べ物であの世から引き戻した。

 

つづく

(多くの病を直し、完全な健康体を作り出す「プライマル・ダイエット」創始者、アージョナスの劇的な半生についてのインタビューの続きです・・)

インタビューを最初から読む

Related Posts:

健康民族は動物性を生でも

 

食物を加熱するかどうか

すべての伝統的文化では加熱しました。

暖をとるための熱が必要でない熱帯地方でも、です。ほとんどの場合、植物性食物を加熱しました。植物には毒性、反栄養素などがあるので、加熱によって中和するのです。概して、植物は、加熱によって栄養がより多くとれるようになっています。動物性食物に関しては、どの文化でも、生と加熱の両方で料理されました。

生 の動物性食物をどこでも食べていました。生乳も含めてです。生バター、生クリーム、生チーズ、マリネした生の魚、魚介類、生カキ、タルタル、カルパッ チョ、ケベ、などなどの生で食べる料理があります。すべてを生で食べる必要はありませんが、B6はここからとれます。B6は、欠乏すると多くの病にかかります。B6は、熱に弱く、ほとんどは生の動物性食品からとりいれます。最良の食源は生の乳です。それで、生乳を毎日飲んでいれば、生肉を食べなくても大丈夫です。

ウェストンAプライス財団は米国では生乳の第一の擁護者です。これまで生乳は危険だとか、飲むと死ぬなどと言われてきましたが、現在では、生乳は、比類なく安全かつ、病原体を殺す成分があることがわかっています。その一つは、ラクトペルオキシダーゼという酵素で、これを私たちは、涙や唾液に持っています。

また、ラクトフェリンは、多くの病原体を殺し、体内に入れる時には鉄分をよく吸収させる働きがあります。また病原体から鉄分を取り上げます。鉄を好む病原体は結核菌などで す。昔は結核を患った人は生乳を飲ませて治していました。カンジダも鉄を好む菌です。これもラクトフェリンで死にます。

血液の成分も生乳に含まれています。白血球、Bリンパ球など、赤血球をのぞくすべてのものが入っています。特定脂肪、炭水化物も。ここで強調したいのは、ホールミルク(全乳)をのむことです。このすべての重要なシステムは脂肪に含まれています。

酵素は病原体を殺すのみならず、様々な働きがあります。その他、有益細菌、B12、B12を吸収させるための成分、病原体からB12を取り上げる成分があります。

(Sally fallon part 2-1 Wise Traditions 2010 講演訳つづき)

 

 

Related Posts: