抗生剤」タグアーカイブ

あなたの体の99%は細菌

Aajonus, founder of the Primal Diet

Aajonus, founder of the Primal Diet

 

ボランティアたちは私のために買い物をしたり、必要なものをとって来てくれたりした。また、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて食べさせてくれた。

放射線治療ののち、口の周りの骨が溶けたので歯が全部ぐらぐらした。自分の歯でかむと出血して数時間続いた。それで、週に二回の輸血をした。また、クリスピーライスもよくくれた。砂糖だらけだ。さらに4さじの砂糖をいれた。そうして加工乳が消化できるようにした。

 

ある時、この若い18歳のアフリカ系アメリカ人の少年が生のニンジンジュースと生乳をくれるようになった。私は21歳で、この18歳の若い青年は歌手でお金はたくさんもうけていた。10日ほどニンジンジュースと生乳をのんだら、自閉症が止んだ。もちろん、すぐには全快しない。歯や骨も治るのに2,3年はかかる。

 

また、料理しないものは食べてはいけないと言われていた。バナナもリンゴも蒸して食べた。そうしないと死ぬと言われていた。つまり、ばい菌や寄生虫が入ったら私には胃酸がないので、それらを殺せない。

全部医療界の神話だ。ナンセンスなのだ

 

I:生のジュースや生乳からの生きた酵素で回復にむかったのですね。

 

酵素に、生きているとかいうのはなく、それはタンパク質だ。菌は生きている。

体を見ると、99%が細菌だ。抗生剤を飲むたびに自分の体の細菌を破壊しているのだ。

抗生剤を5日続けると、細菌の1%は死ぬ。それによってあなたの活動や機能が破壊される。10日や何週間も、何年も飲む場合がある。

 

私の母は聞こえが悪く、補聴器をインプラントしていた。ドクターはその期間抗生剤を飲むようにとした。その結果、母は消化できなく、機能できなくなり、死にかけていた。それで、私は彼女にパパイヤをあげて消化をたすけ、それで母は生き返った。実際、母のところへは「さよなら」を言いに行ったのだが。私の息子を生き返らせたのも同じようなことだった。どちらも食べ物であの世から引き戻した。

 

つづく

(多くの病を直し、完全な健康体を作り出す「プライマル・ダイエット」創始者、アージョナスの劇的な半生についてのインタビューの続きです・・)

インタビューを最初から読む

Related Posts:

解毒を助ける

 
 何かネガティブな反応、(例えば、ダイオフ、悪玉菌個体激減減少、後退現象、メンケン反応etc。訳者注) があるということは,
  
食事法が効いているという意味にとらえていいのですか?
 

 N:ある意味ではそうです。
  
それは解毒の作用です。自然療法家、ホメオパス、その他の自然療法のドクターたちはこれについてよく知っています。
  
子供について言えば、この反応をコントロール下(耐えられる限度下)に置くことが重要です。

対処法としては、  

続きを読む

Related Posts:

自閉症のカギは腸内に

N:この治療は消化管に集中せねばなりません。自閉症の子供で、消化管に問題、症状のない子供には出会った事がありません。有益細菌たちは、消化管のハウスキーパーです。彼らは消化管のすべての表面を覆っています。侵入者、病原体細菌、毒素など環境から入るものたちから守り、また、食物が来ると、栄養素に変換します。彼らは父であり、母であり、消化管の裏地、腸の統合性を担当するハウスキーパーであり、食物を適切に消化吸収させる働きをします。

 

実際、母親の細菌叢もこわれていて、子供自身正常なものを受け継いでおらず、抗生剤でせっかく持っていた有益細菌を一掃したり、予防接種などで有益細菌を壊したりしたために、有益細菌がそこにいないなら、子供の腸は栄養素の源となるはずが、これでは、毒素の主要な源となっています。

 

自閉症を治すためには、治療は腸に集中し、その機能をとりもどし、病原体を一掃し、正常な細菌を復活させ、腸の裏地を治さねばなりません。それで、食事法が治療の成功如何を80~90%左右します。

 

人間の消化管は、長いチューブです。ここに影響するものが健康に影響します。なぜ胃腸科の医者たちはそれを理解しないのでしょうか?それで、食事法がナンバーワンの重要な介入法です。

 

これまで、カゼイン・グルテン除去法が自閉症のナンバーワンの治療法でしたが、これは、数多くの毒素の中のたった二つを解決しようとするものです。ケイセノモルフィンとグルテオモルフィンです。

しかし、ほかにも数多くの毒素があるのです。腸に発生し、血流に流出し、子供の脳へと入っていきます。そのすべての毒素について解決されねばなりません。

cfgfダイエットではそのすべてを解決できません。それで、異なる食事法があります。

続きを読む

Related Posts:

発達障害と細菌感染(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

発達障害と細菌感染

(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

YouTube Preview Image

GAPS™のナターシャ先生と、BEDROK のドナ・ゲーツのインタビュー(2007年8月にアップロード)以下に訳をおいておきます。

 D:私はドナ・ゲーツで、「ボディ・エコロジー・ダイエット」の著者です。 

Donna Gates

 私たちは、自閉症の子供たちのための、BEDROK (Body Ecology Diet Recovering Our Kids) という食事療法プログラムを行っていて、その中心は発酵食品です。

親御さんたちに発酵食品を患者さんの腸に導入する手助けをしています。その理由は、りっぱなバクテリアを腸に入れることで、健康に有益です。有益細菌が数ポンド必要で、この子供たちにはそれがありません。それが、自閉症の原因だと思います。それで子供たちに健康を取り戻してもらうプログラムです。

 

 

N:私はナターシャ・キャンベル・マクブライドで、医師(神経科、栄養科)です。イギリスのケンブリッジに住んでいます。生まれはロシアです。  

Dr. Natasha

私は、自閉症の子供たちをクリニックでみています。もう、何年もたち、かなりの数の子供たちをみました。私の息子は3歳で重度の自閉症の診断をされ、現在12歳で、完全に治り、普通学校で非常によくやっています。スポーツをやり、友達がいます。 
さて、自閉症は、消化管で始まっていると思います。最初は、細菌叢のダメージから始まります。消化管に住む大量の細菌は2kgにもおよびます。高度に組織された細菌世界です。 続きを読む

Related Posts:

自閉症への道筋

自閉症へと導く典型的シナリオとは?

私のクリニックでの典型的シナリオはこうです。今回は腸と心理、腸と生理の両方でお話しします。つまり、腸ではじまり、全身的になる症状についてです。

診察時、子供や大人である患者さんのことを話す前に、母親のこと、あるいは祖父母のことを話します。そうすると、人々は、遺伝のことだと思います。それよりずっと重要なこと、同じぐらい重要な、出生時に親から受け継ぐものがあります。それが腸内細菌叢です。私の発見では、自閉症、識字障害、ADHD,運動障害、その他の行動および学習障害の子供は、100%について異常な腸内細菌叢をもつ母親がいます。その腸内細菌叢を出生時に子供に受け継ぎます。

現在の科学によると赤ん坊は胎内では無菌です。産道を通るとき、口から母親の腸内細菌叢がはいります。それが子供の腸内細菌叢になります。膣周辺の細菌は、大腸周辺からきています。大腸周辺にいるものは膣周辺にいて、産道にいます。また、父親の細菌叢は彼の大腸周辺にいるものと同じで、母親との接触で定期的に共有しています。それで、母親の産道にいるものが、子供が獲得するものです。母親が異常な細菌叢をもっていれば、その異常な細菌叢を子供が受け継ぎます。

新生児の免疫系は未熟です。生後20日以内に腸内細菌叢の確立が行われますが、免疫系はその影響をもろに受けます。腸内細菌叢が異常であれば、免疫系も損なわれています。よくあるものは、耳の感染症。これが次から次に起こり、グルーイヤーの診断で次々に抗生剤の投与です。そして、新生児が持つほんの少しの有益細菌叢も一掃されます。それが繰り返され、さらに損傷します。次に起こりやすい感染症は胸部感染症で、また抗生剤で治療されます。さらに腸内細菌叢が損傷され、免疫系が損傷されます。これが1歳までに起こることが常です。

通常、1歳までは母乳育児です。現在、世界ではミルク育児が多いですが、教育によりミルク育児から頑張って母乳育児にする若い女性が増えています。母親が子供に母乳をやるとき、彼女の細菌叢は異常ではあるものの、自分の細菌叢に対する抗体があります。免疫に守られています。100%ではなくても、幾分かは守られています。その防御システムを母乳で子供にあげることができます。それで、母親の異常細菌叢があるけれども、母乳育児の間は、子供には幾分かの防御があります。≫つづく

 

Related Posts:

腸内細菌を破壊するもの

腸内細菌叢が損なわれるのは何によるのでしょうか?

・抗生剤  ・ステロイド、避妊薬ピル ・その他の薬品  ・ストレス、  ・栄養のない食事   ・感染症、  ・病気 ・粉ミルク育児  ・老化  ・公害  ・放射線  ・アルコール、
・有毒化学物質  ・歯科治療

上のリストのいくつかはご経験があるでしょう。現代では疑いなく抗生剤がナンバーワン要因です。抗生剤はよい細菌叢と悪い細菌叢のどちらも殺します。疑いなく抗生剤は何億もの人々の命を救います。今日の医学では不可欠です。しかし、よい細菌叢と悪い細菌叢のどちらも殺します。

問題は、有益細菌、プロバイオテック細菌は壊れやすい方のものだということです。彼らが先に逝く。それから病原体が死に始めます。もちろん回復しますが、また微生物によって回復するまでの期間が違います。数日で回復するもの、数週間、数か月かかるものがあります。それで、病原体が入り込んで住み着くすきを与えます。住み着いてしまうと、それを追い出すのは非常に難しくなります。有益細菌が入ってきても追い出せるほどになります。

よく研究の進んでいる二つの菌属がありますが、彼らは抗生剤に非常に強く、西洋にはびこっています。一つはカンジダ属の中のイースト菌(酵母)で、あらゆる種類の抗生剤に強く、正常下では有益細菌の制御の下にありますが、有益細菌が破壊されると、全盛となり、自分たちの定着場所を確保します。もう一つはクロストリジウム菌で、100種類ほどがいて、すべて神経毒素を産生し、神経に影響します。これは腸を含めた二つの脳神経に影響するだけでなく、彼らの一種である破傷風菌という菌は、地球上のあらゆる土壌にいて、胞子で増えるので、一掃することはできません。煮沸しても冷却しても、何をしても生き残ります。胞子が発芽するのに、何年も待つことができます。
 

それで、健康な人間が健康な細菌叢をもっていたらどれだけ多くの強力で危険なクロストリジウムが住んでいても、腸内で有益細菌が優勢なら、支配下においています。住む場所をふやしてやりません。また有益細菌は解毒し、毒素を中和しますので、彼らの毒は害を与えません。しかし、有益細菌が抗生剤の投与によって一掃されてしまうと、クロストリジウムは抗生剤に耐性があるので、全盛となるのです。広い範囲に住み着き、増え広がるばかりではなく、彼らの毒素は中和されず、腸の裏地を通っていきます。そして血流に入り、脳に到達すると、多くの神経的精神的兆候をひきおこすのです。

抗生剤の投与による有益細菌の一掃でおこる、たった二種類の病原体菌属の過剰増殖でもこのようなことが起こります。それで、抗生剤の投与のあとは、かならずプロバイオテックのものをとり、発酵食品をとらねばなりません。しかし、あいにく、医者たちはそれをあまり知りません。患者に言いません。勧めたりもしません。単に抗生剤をあげるだけです。

ステロイド、避妊薬も腸内細菌叢を壊滅的にします。あいにく、現代女性たちが家庭を持つ前の非常に早いうちからこれをのみ、それが腸内細菌叢にかなりのダメージを与えています。ストレスやその他の薬品が長い期間続くと、非常に強い打撃です。腸内細菌叢の構成が変わり、数多くの不快な兆候へと導きます。その他、粉ミルク育児も腸内細菌叢を完全に変えてしまいます。そのため、最初に起こるのがアレルギー、アトピーの症状である湿疹やぜんそく、その他多くの症状です。水っぽい耳垢は粉ミルクの子供に共通して起こります。それから、老化。年を取るとプロバイオテックを多くとらねばなりません。また、常に発酵食品をとらねばなりません。公害、放射線、アルコール摂りすぎ、歯科治療などもそうです。歯科医があなたの歯や口に入れるものはほとんど有毒です。腸内細菌叢に毒です。それから何週間もあなたが飲み込むものは有毒となり、腸内細菌叢を殺していきます。それで、歯科医は患者さんに、治療から数週間はプロバイオテックをとり続けるように言わなければなりません。非常に重要です。≫つづく

 

 

 

Related Posts:

腸を統合する細菌叢

腸の健康と統合性
(前のポストからの続き~)

 

腸の健康と統合性は完全に腸内細菌叢の健康と統合性にかかっています。腸内には非常に精密な細胞である腸細胞があります。

これらの腸細胞は、陰窩の深みで常に生まれ、数日しか生きません。それからゆっくりと絨毛の頂上まで動いていくときに消化吸収の仕事をし、上へ行くほど成熟するのです。絨毛の頂点に達すると、彼らははじかれ散らされます。このようにして、腸の上皮は常に更新されその仕事をうまく片付ける能力が保証されるのです。

これを指揮しているのが有益細菌叢です。有益細菌叢がそこになければ、細胞たちは混乱し、変質し、ガン性となります。有益細菌叢が腸内にあれば、がんになることはありません。それを許さないのです。一方で、消化系のあらゆるガンは腸内細菌叢の損傷からきています。我が国第一の主要な癌である結腸癌は、腸内細菌叢の異常からきています。元をたどれば、ガンができる数年前から考えて抗生剤の連続投与があったのでしょう。あるいは腸内細菌を破壊したその他の強力な薬物や影響があったと考えます。

私たちに不可欠な腸の裏地、腸壁の話に戻りますが、この細胞再生活動は非常に活発です。休みなく、細胞が砕け散り、また新しい細胞が生まれます。この過程を統合しているのが腸の裏地、腸の細菌叢です。腸内細菌叢が損傷すると腸の裏地が悪化し、変質し、この人は食物を適切に消化吸収できなくなります。そして、部分的にしか消化されていない食物が血流に流れだし、食物アレルギーや不耐性をもつようになります。同時に毒素が血流に流れ出すこともはじまります。

適切な消化吸収は正常な細菌叢なしでは行われません。彼らがこの世に存在するあらゆる消化酵素、また、ビタミン、ミネラルを腸の裏地を通して運ぶ物質を出すのであり、彼ら良好に機能する細菌叢なしにはミネラルを吸収できません。亜鉛、マグネシウム、カルシウム、その他の必須ミネラルを吸収できません。これらのミネラルが腸の裏地を通っていくためには、運んでくれるものがなければなりません。微生物のつくるある特別な酸にキレートされ、有機的な形にして血流へと送り込まれるからです。その形をしていてはじめて体が認識し、使用するのです。しかし、市販のサプリなどの有機ミネラルをとっても、よく機能する腸の裏地がないなら、吸収されて体に使われることはないでしょう。≫ つづく

Related Posts: