学習障害」タグアーカイブ

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

発達障害の周辺には何がある?

 

発達障害かどうかだけ見ていればいいのだろうか?

 

最近、必ずと言っていいほど出てくる話題が、発達障害とその周辺にあるその他の障害名でよばれる症状たちだ。

 

統合失調症かしら?という、いわゆる「わからない時には、全部そっちのカテゴリーに入れよう」的なもので呼ばれたりする、そのなんだかわからないけど、ご家族を含めて、通常の平穏な生活ができないタイプの子供や大人がいる。

 

なんでも、彼らの親や家族によると、共通するのが小さいころから、「たしかにちょっと変だった。」「ふつうと違っていた」ということである。しかし、診察や診断をすすめられるにまではいたらなかったり、すすめられても、親は「うちの子は個性が強いだけで大丈夫」だと思い、発達障害を疑ったり、検査や診察にはいかなかった。また、行ったとしても、案外「様子見」だったりしたのかもしれない。

  続きを読む

Related Posts:

食事療法で快方に

セリアック病1

訳もなく泣くのはお腹が痛いのかも

私のクリニックでの症例(回復例)をお伝えします。

 

男の子で、2歳にして、セリアック病、1型糖尿病、自閉症がありました。

・生後15か月でインスリン注射。自閉症傾向が18か月から見えました。慢性的に便秘、偏食、栄養不良、青白い、湿疹、アレルギー、睡眠障害、トイレトレーニングできない、セリアック病診断がありました。

・3.5歳でGAPSプログラム開始。

 

セリアック病

セリアック病の特徴・・

・開始後6か月で正常便、湿疹がなおり、食欲向上、体重増加、顔色はよくなり、よく眠れるようになりました。
・1年後、言語発達の大幅改善、社会スキル大幅改善、トイレトレーニング成功。
・1年半後、通常学校で多くの友人がおり、自閉症と運動障害はほとんどみられない。インスリン量は半分に。空手の学校チャンピオン、彼の糖尿病はほとんど消失。

 

 

もう一人、こちらの男の子は、突発性全般てんかんとアスペルガーがありました。
二歳まで通常発達、非常に賢い。疝痛あり、便秘、風邪をひきやすい
・二歳ごろ偏食あり、多動、便の異常、栄養不良
・3.5歳、発熱の後、失神、4歳までに全身的てんかん発作と失神が1日に15回出現。言語の後退、学習能力の後退、強迫神経的、自己刺激、多動。
・てんかん薬(バルプロ酸ナトリウム)など5種類服用-発作のコントロールに無効、攻撃的、学習不能、人格の変化
・7歳でGAPSプロトコルを始める。
・開始後3か月で健康が向上したが、上記てんかん薬800mgが発作を悪化させていると思い、両親が投与量を減らす。(医者の監督のもとに)
・開始後9か月でてんかん薬を250mgまで減らす。全身発作なし、一日に1~4回の軽度失神。通常学校へ行き、学習、社会性が向上、友達ができ、便は正常。食事もよくとる。
・20か月で、ほとんどの薬物をやめ、時々軽度の失神。健康向上、多動は消失、正常な行動。学業上は2年遅れ。そしてその後家族は南アフリカに移住。連絡をとりましたら、現在失神はあるものの、非常に軽度です。彼の過去を知らない人は、何も気づきません。両親だけが、失神を認知するという程度です。

 

ご清聴感謝いたします。
(以上、Dr.ナターシャ・キャンベル・マクブライドのワイズ・トラディション会議2010UKでの講演内容を聞き取って訳出。GAPSプロトコルについては、当ブログ、上部のタブから資料をお読みください)

Related Posts:

栄養不足と偏食

 

junkfood

栄養不足を解消しなければなりません。栄養不足は医療機関で検査して知ることができます。顔色、舌の状態、様々な方法で調べることができ、またサプリメントで栄養を補給できます。

 

そして食事法です。おもしろいことに、この食事法を完全に個別に作り上げたのですが、その後、ウェストン・A・プライス財団に出会いました。このようなものがあるとは知りませんでした。私の本が出て数年たってから財団とサリーに出会いました。そして、私たちの食事法にいかに共通点が多いかに驚いたのです。

偏食:

食事法の前にこれについて知らねばなりません。食事法について話し始めると、親たちが手を挙げて、「あっ、だめです。これを息子は食べません。」「強要できません。」と言います。これらの患者のほとんど、大人や兄弟も、よく偏食していることがわかります。これが最初のGAPSの兆候です。 続きを読む

Related Posts:

てんかんをGAPSで見ると

 

seizure-brain

脳の電気的作用の原因は・・

子供のてんかんの割合は次のようです。

・20歳以下の人口の1%

・精神的症状のある子供の50%

・原因がわからないものが70%

精神科の医師たちはその原因についてあまり興味がないようにも見えます。疑問に思わない、真剣に研究しない、ただ薬をやる。抗てんかん剤です。こちらの薬が効かなければ、そちらの薬はどうですか、新しいものがありますから試しませんか・・・かわいそうな子供はてんかん薬のカクテル漬けです。

 

それはすべて子供の脳機能を落とします。ますます学習ができません。薬をやる前は学習障害がなかったかもしれません。問題行動もなかったかもしれませんが、1回の発作がおこり、薬物投与が始まったら、学習できない、認知ができない、それもそのはず、例の薬物カクテルのせいで脳機能が落ちたのです。

 

大部分のケースで、てんかんは腸から来る毒素が原因です。したがって、これらの子供の治療の中心は腸でなければなりません。

 

てんかんについて私のクリニックでの体験から申します。毒素のレベルが脳で非常に高くなると、脳が大きな電気を発してそれを一掃しようとします。つまり掃除なのです。そのため、てんかん発作のあと、その人の思考が明快になります。また、異常をきたしていた症状が消失します。毒素がまた増加してくると、またそれが起こります。非常に嫌な形での安全弁ですが、そうなのです。腸をきれいにして毒素の元をたてばよいのです。この毒素が消化系からきててんかんを引き起こすからです。その毒素源をなくせば、通常てんかんも消失します。

Dr. ナターシャの講演訳つづき

Related Posts: