免疫系」タグアーカイブ

アニメで学ぶGMO(遺伝子組み換え作物)

YouTube Preview Image
うまく表示できない場合は、こちら

 

遺伝子組み換え作物についても、常日頃から気になっておりますが、上記のようなビデオを日本語字幕付きで紹介しておられる方がおられ、「便利~」・・てなことで、ご紹介します。

 

日本では食品によく「非遺伝子組み換えの・・」と表示がありますが、

それがないものはすべて遺伝子組み換えの、ものなんでしょうかね?

たぶんね。

しかし、家畜のえさについての表示は義務付けられていないはず。(私はホームページなどで、エサや育て方についても、じっくり読んでから選択するように心がけています。特に何も書いていない場合は、ボツです)

 

上記のyouTube ビデオを配信しておられるJessica0701さんは、このGMOの専門家である ジェフリー・スミスのビデオをいくつか字幕で手掛けておられるので、時間のある時にぜひチェックしてみてくださることをお勧めします。

 

(まだ日本語になっていない)ジェフリー・スミスの「遺伝子ルーレット」(Genetic Roulette) というドキュメンタリービデオを見ると、GMOの恐ろしさがよくわかります。。

遺伝子ルーレット

とにかく、殺虫効果のある作物ができ、実は、それを食べた人間にも健康被害がおこり、その多くの被害の中のひとつとして、消化管も破損し、漏れやすくなる。

 

これが自閉症の人の消化管に特徴的な「腸漏れ」を引き起こす要因(のひとつ)と考えることができるかと。。

 

その他、アレルギーなどの要因にもなっています。

自閉症発現が外的要因であり、後天的要因であることを考えるひとつの(大きな)ヒントだと思います。

Related Posts:

自閉症への道筋

自閉症へと導く典型的シナリオとは?

私のクリニックでの典型的シナリオはこうです。今回は腸と心理、腸と生理の両方でお話しします。つまり、腸ではじまり、全身的になる症状についてです。

診察時、子供や大人である患者さんのことを話す前に、母親のこと、あるいは祖父母のことを話します。そうすると、人々は、遺伝のことだと思います。それよりずっと重要なこと、同じぐらい重要な、出生時に親から受け継ぐものがあります。それが腸内細菌叢です。私の発見では、自閉症、識字障害、ADHD,運動障害、その他の行動および学習障害の子供は、100%について異常な腸内細菌叢をもつ母親がいます。その腸内細菌叢を出生時に子供に受け継ぎます。

現在の科学によると赤ん坊は胎内では無菌です。産道を通るとき、口から母親の腸内細菌叢がはいります。それが子供の腸内細菌叢になります。膣周辺の細菌は、大腸周辺からきています。大腸周辺にいるものは膣周辺にいて、産道にいます。また、父親の細菌叢は彼の大腸周辺にいるものと同じで、母親との接触で定期的に共有しています。それで、母親の産道にいるものが、子供が獲得するものです。母親が異常な細菌叢をもっていれば、その異常な細菌叢を子供が受け継ぎます。

新生児の免疫系は未熟です。生後20日以内に腸内細菌叢の確立が行われますが、免疫系はその影響をもろに受けます。腸内細菌叢が異常であれば、免疫系も損なわれています。よくあるものは、耳の感染症。これが次から次に起こり、グルーイヤーの診断で次々に抗生剤の投与です。そして、新生児が持つほんの少しの有益細菌叢も一掃されます。それが繰り返され、さらに損傷します。次に起こりやすい感染症は胸部感染症で、また抗生剤で治療されます。さらに腸内細菌叢が損傷され、免疫系が損傷されます。これが1歳までに起こることが常です。

通常、1歳までは母乳育児です。現在、世界ではミルク育児が多いですが、教育によりミルク育児から頑張って母乳育児にする若い女性が増えています。母親が子供に母乳をやるとき、彼女の細菌叢は異常ではあるものの、自分の細菌叢に対する抗体があります。免疫に守られています。100%ではなくても、幾分かは守られています。その防御システムを母乳で子供にあげることができます。それで、母親の異常細菌叢があるけれども、母乳育児の間は、子供には幾分かの防御があります。≫つづく

 

Related Posts:

腸は第二の脳

ナターシャ・キャンベル・マクブライド MD

@ワイズトラディションズ会議UK2010のレクチャーより

http://vimeo.com/10507542

今回このようにUKでウェストンAプライス財団(WAPF)の第一回会議が開かれましたことを大変うれしく思います。これは非常にすばらしい団体で、サリー・ファロン先生が来てすばらしい講義をしてくださったことを光栄に感じます。

サリーは、英雄的女性です。彼女は、アメリカという企業、食品産業、薬品産業、農業産業、畜産業すべての大企業を相手に戦っています。相手にするのに、決して小さいものたちではありません。彼女の団体は、最初は小さな集まりでしたが、今は大きくなりました。およそ12000人の会員がいます。このすべての人々はこの地球のあらゆるものを変えようとしています。

人間は、ネズミのように地上に増え広がりましたが、私たちは、消費しすぎています。破壊的な農業、破壊的な生活様式で。この星に対して課税が大きすぎ、消費しすぎています。この星のリソースへの借りは、子供や孫が返すのです。これを消費するだけでは明日はありません。それを変えようとしているのがウェストンAプライス財団でみなさんのような方たちです。ここで人類が生き残るようにしたら、この星も生き残るでしょう。今、産業や大企業、それを支える政府のおかげで、この星を破壊へ導いています。私たちの母なる星です。母を破壊したら、どこで生きていきますか?

腸心理・腸生理症候群

今日の題名は、腸心理症候群、腸生理症候群についてです。どちらもGAP症候群です。2004年に腸心理シンドロームについての本を出版しました。現在、腸生理シンドロームについて書いています。すべての身体的症状が消化管とのかかわりがあるというのがその内容です。

腸は、免疫系の85%をもっていて、主要な最重要の免疫臓器ですが、第二の脳があるともいい、この二つの脳は互いに話し合います。消化系は臓器の中で最重要の部分であり、体の基本です。

「あらゆる病は腸に始まる。」これはヒポクラテスの言葉です。

科学が発達し、研究が進めば進むほど、これが真理であったことがわかりました。そして、腸心理症候群(GAPS)の本では、消化系と脳の機能について述べました。二番目の本では、消化系とその他の臓器の関係を説いています。多くの慢性的、遺伝的症状がこの時代人々を苦しめています。

つづく

 

 

Related Posts: