オーガニック」タグアーカイブ

アニメで学ぶGMO(遺伝子組み換え作物)

YouTube Preview Image
うまく表示できない場合は、こちら

 

遺伝子組み換え作物についても、常日頃から気になっておりますが、上記のようなビデオを日本語字幕付きで紹介しておられる方がおられ、「便利~」・・てなことで、ご紹介します。

 

日本では食品によく「非遺伝子組み換えの・・」と表示がありますが、

それがないものはすべて遺伝子組み換えの、ものなんでしょうかね?

たぶんね。

しかし、家畜のえさについての表示は義務付けられていないはず。(私はホームページなどで、エサや育て方についても、じっくり読んでから選択するように心がけています。特に何も書いていない場合は、ボツです)

 

上記のyouTube ビデオを配信しておられるJessica0701さんは、このGMOの専門家である ジェフリー・スミスのビデオをいくつか字幕で手掛けておられるので、時間のある時にぜひチェックしてみてくださることをお勧めします。

 

(まだ日本語になっていない)ジェフリー・スミスの「遺伝子ルーレット」(Genetic Roulette) というドキュメンタリービデオを見ると、GMOの恐ろしさがよくわかります。。

遺伝子ルーレット

とにかく、殺虫効果のある作物ができ、実は、それを食べた人間にも健康被害がおこり、その多くの被害の中のひとつとして、消化管も破損し、漏れやすくなる。

 

これが自閉症の人の消化管に特徴的な「腸漏れ」を引き起こす要因(のひとつ)と考えることができるかと。。

 

その他、アレルギーなどの要因にもなっています。

自閉症発現が外的要因であり、後天的要因であることを考えるひとつの(大きな)ヒントだと思います。

Related Posts:

農薬汚染と発達障害のつながり

発達障害の急増の原因

発達障害の急増の原因

 

15人に1人!発達障害児急増のウラに農薬汚染

このようなタイトルで記事がありましたので、ご紹介します。

下記参照

こちらの記事

このような記事が、ハッキリと日本語で紹介されているのを、私は初めて見ましたが、

皆様はいかがですか?

 

他にも、GMO(遺伝子組み換え作物)の問題もありますので、是非食べ物を選ぶときは、しっかり選んでください!

Related Posts:

農薬がついていると害があるのか?

 

 

自閉症その他の機能不具合がある場合、脳や神経系に害のあるものは体に入れないに越したことはない・・ですよね。

 

あらゆる食物をオーガニックで手に入れるのは至難の業。

 

なので、一般のものを買うべき時にはやはり農薬の影響が気になります。

 

日本で出回っている作物に関する情報源やサイトをご存知の方は、ぜひ教えてください~

 

以下、米国で農薬残留の高い作物ワースト12(ダーティ12)と低い作物「クリーン15」についての記事をご紹介しますので、買い物のお役に立ててください。

  続きを読む

Related Posts:

オーガニックと自閉症

オーガニック vs 非オーガニック

 

スーパーに売っている一般の食品を買わないでオーガニックを買った方がいいのはなぜ?

参考:こちらの記事

 

毒りんご

毒の正体は・・

 

数多くの理由の中の一つは、農薬の影響というものが大きい。

 

あいにく、農薬の体への害は複数ある。次に買い物をするとき、お値段高めのオーガニックにするか、そうでないのにするか迷ったら、この記事を参考にするとよい。次に述べる症状になったら、ちょっと高いお金ではすまされない影響がある。健康と人生がかかっている。

続きを読む

Related Posts:

放し飼いの卵


本当に放し飼いにされた鶏の卵とそうでないスーパーの卵には非常に大きな差があります。

 

ビタミンDは8倍、ビタミンAは2倍です。オーガニックと書いてあれば、その間です。バターも、牧草飼育のものと牛舎飼育のものとは色が違い、ときどき着色料が入っていますが、ふつうは白いのが牛舎のもの。牧草飼育バターの黄色いのはビタミンAのサインです。10から13倍のビタミンA、3倍のビタミンDがあります。また、ラードの場合、放牧のものには従来のものの12倍のビタミンDが入っています。100ユニットのビタミンDが大匙1杯に含まれています。これでビタミンD問題は解決です。また、生チーズはすばらしい完全食であり、農夫たちの第一の利益源です。これらのコレステロールと脂肪いっぱいのチーズを怖がらないでください。

脳も臓器であり、栄養が必要です。脳に栄養を与えるものは体にも栄養を与えます。赤ちゃんに特に必要なのは、卵黄とレバーです。動物性食物に含まれる特別なものは亜鉛で、脳の発達に必要です。

 

栄養濃密な食物は果物と野菜だと政府は言います。果物と野菜は食事に使うのは素敵ですが、肉や内臓に比べて栄養濃密ではありません。葉酸、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCは、りんごやニンジンよりもレバーに多く含まれます。B6とB12は非常に重要なものです。経済が厳しくて肉をあまり食べられないなら、レバーを月に一回とれば、赤身の肉を毎日とるのと同じだけB6とB12をとることができます。果物と野菜についての私たちの観点は、よい脂肪の乗り物としてです。バター、クリーム、ラードをのせると素晴らしく栄養濃密になります。
パート2へつづく

栄養の伝統(10)

 

Related Posts: