食物によるヒーリング

I:それでは、食物によるヒーリングを教えていただきましょう。食べ物が病気を治すことを知ったのですね。

 

理解してほしいことは、私はコミュニケーション中枢がやられていたので、とにかく、最初に本を読んだのは22歳だった。シッダールタの本はたった82ページぐらいだが一日16時間かけて1週間かかった。単語の意味がわからないのだ。単語の意味を調べても、その意味の意味がわからず、さらにその意味は・・・と、くりかえした。

 

そうやって言語コミュニケーションの仕方を学んだが、うその情報をたくさん学んだ。悪いことを学んだのだ。ベジタリアン主義や、健康的でない過激的アプローチだったが、私の健康はどんどん増進した。ある人の栄養学を学んだら、70,75%を生で食べること、生乳、生卵を食べることを唱えていたが、まだ生肉とは言ってなかった。そしてどんどん健康になっていった。それで、27歳までにローフード、ベジタリアン、フルーテリアンになっていた。トータル6年半はビーガンだった。

 

それで、一時的には健康だったが、悪化しはじめた。乳も卵もとらず、その2年半の期間で悪化した。その頃、自転車に乗って自然の中で生活していた。動物たちは健康で、学んでも学んでも医療界には本当の健康はないとわかったからだ。

 

私は頑固なので、体に悪い兆候があっても、その食べ方を続けていた。

 

I:視聴者の立場でいいますと、血液型や民族型などによっても、体にいいものや悪いものは違うのではないか、食事法はそれぞれでよいのではないか、という見方があります。私は20年間、卵と乳をとるベジタリアンでした。卵と乳をとっていたので、それくらい長く続けられたと思いますが、それでも病気になりました。そして最終的にはベジタリアンをやめました。あなたは厳格なヴィーガンを続けられました。体にはどんな現象がありましたか?

 

私には、貧血、血癌、骨癌があった。ヴィーガン生活は2年半で十分だった。体重は44.5kに下がり、骨がもろくなり、白血病を再発し、悪化していた。その頃は自転車で屋外生活をしていた。屋外生活のストレスは大変なもので、気温の上下は激しく、-7°にもなる。嵐、日照り、暴風雨、吹雪もある。そんな中でも自転車のりで、屋外で寝袋生活。たいへんなストレスの中を暮していた。

つづく

インタビューを最初から読む

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です