うつ」カテゴリーアーカイブ

脳は脂肪でできている?

raw butter

生バター

息子は、隠れて冷蔵庫のバターにかじりつきますが(なぜでしょうか)・・ 

 
D:彼らは生の脂肪が必要で、それによって発達中の骨にミネラルを運ぶのです。
大人にも必要です。骨粗しょう症の予防にもなります。

また、脳が脂肪を必要としています。母乳の50%は、生の脂肪です   

 

N:脳は脂肪でできています
 
脳の乾燥重量の12%は、アラキドン酸という、ある特定の脂肪酸です。

アラキドン酸は、バター、卵黄、動物性脂肪からとります。

毒素負荷のある子供、例えば、自閉症に限らず、統合失調症、うつ病、その他多くの心理、精神障害の人たちは、たくさんのアラキドン酸を失っています。  

続きを読む

Related Posts:

うつからあなたを守る栄養

栄養の伝統(7)

西洋では、伝統的に牧草飼育の畜産品から脂溶性活性物質を得ていました。バター、クリーム、チーズ、放し飼いの鶏卵の黄身など。これは第二次世界大戦ごろまで続けられていましたし、イギリスではもっと長く子供たちに肝油をあげていました。1952年か53年ごろまで肝油をあげていたと思いますが、その頃生まれ育った人々は大変健康です。人々は肝油が健康補助食品として非常に良いことを知っていましたが、すべては抗生物質に追い出されてしまいました。製薬会社は、肝油をみんなに忘れてほしいのです。現在アメリカでは肝油を取り戻しつつありますが、人々は肝油が毒であると思っていました。

その頃、私たちは、内臓肉もよく食べました。

週に一回はレバーを食べるのが典型的でした。ソーセージやパテに隠してまずさを克服していました。

また、ラードを使って料理していました。放牧された豚のラードはビタミンDのすばらしい食源です。こちらは、インターネットに出回っているニセ看板ですが、言葉は本当で、ビタミンDは、体にうつ病から守る神経化合物を作る助けになるのです。

Related Posts:

  • No Related Posts