細菌」カテゴリーアーカイブ

大学の研究で腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

デリック・マクフェーブ医師

デリック・マクフェーブ医師

腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

 

 http://scitechdaily.com/study-reveals-link-between-gut-bacteria-and-autism/

 2013年1月29日

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の科学者たちがあるASDのある子供たちの血液中に腸内細菌叢と自閉症のつながりを示す血液マーカーを発見した。

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の研究者による最近の臨床研究で示された結果で、あるユニークな血液マーカーが存在し、今後、自閉症と腸関連の環境要因の理解につながるとしている。この発見により、この症状の早期検査や症状が出る前の検査が可能となるとも考えられる。

 

(アーカンソー州リトルロックのアーカンソー子供病院研究所)リチャード・フライ医師とステパン・メリンク医師と、ウェスタン大学のデリック・マクフェーブ医師は、自閉症児の大きなサブグループに異常なエネルギー代謝の証拠を発見した。これは、マクフェーブとそのチームによる10年間の先立つ生物学的発見とも一貫するもので、さらに、この代謝異常が遺伝要因のみならず、自閉症の人の腸内で増加するある細菌属タイプの産生する混合物が要因であることをさらに証明するものである。

 

「特有アシル・カルニチン・プロフィールは、自閉症スペクトラム障害における後天的ミトコンドリア疾患のバイオマーカーだ」と題した論文が同僚医療行為査定下にあるオープンアクセス誌であるトランスレーショナル精神医学に掲載された。

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある多くの人の生理的異常は、脳のみに限らず、その他、免疫系、エネルギー生成、解毒、消化系を含むその他の体内システムもからんでいることが、最近の証拠の示唆しているものだ。これらの異常は、細胞のエネルギー生成にかかわるミトコンドリア機能不全によるものだろう。

 

「自閉症スペクトラム障害は88人に1人にまで増加している症状です」とマクフェーブは言う。「また、その数字は増加傾向にある。多くは消化と代謝の問題があるが、それがどのようにASD行動と症状の増加に関連するのかはまだはっきりしていない。」

 

この研究で213人のASDのある子供の中で17%の子供に、アシル・カルニチンと呼ばれる脂肪代謝とその他、グルタチオン減少のような異常な細胞エネルギー機能を表わす特有の血液マーカーパターンが示された。「ある患者たちにおける自閉症が、ASDに関連のある腸内細菌の産生するプロピオン酸への環境的暴露から、ミトコンドリア機能と脂肪代謝の変異が起こったことが要因であることを示している。」とマクフェーブは語る。

 

マクフェーブは、2003年にマクフェーブと、グッドライフフィットネス創始者でCEOのデヴィッド・パッチェル・エヴァンズの共同で設立したカイリー・パッチェル・エヴァンズ 自閉症研究グループの所長である。パッチェル・エヴァンスは、この学際的研究チームの創設者であり、現在も主要な支援者である。

 

Publication: R. E. Frye, S. Melnyk and D. F. MacFabe, “Unique acyl-carnitine profiles are potential biomarkers for acquired mitochondrial disease in autism spectrum disorder,” Translational Psychiatry (2013) 3, e220; doi:10.1038/tp.2012.143

Source: University of Western Ontario

だいたい翻訳byTomoko

Related Posts:

  • No Related Posts

「生」を怖がる本当の理由

 

自然で育った牛の生乳で健康に

自然で育った牛の生乳で健康に

どうも、(生)肉を食べると、精神的にも安定して静かになるようですね。

 私は食べ物を変えてみてどうなるかを実験した。自分を含めて過去42年間、文字通り何千人の人々が試した。自転車旅行中の頃はベジタリアンで、それを伝道してまわった。出会う人々にベジタリアン、生野菜食を進め、それで助けた人々もいた。

次に政策論争についてですが、毎年のように、「生食を排除しよう、生ものを排除しよう!」というキャンペーンがあります。今はまだ生乳を買うことができますが、なぜこのように常に脅威が襲ってくるのでしょうか?しかも、生乳だけではありません。他のものもです。政府の側にどのような思惑があるのか、大きな観点ではどうなのでしょうか。

  続きを読む

Related Posts:

食中毒は加熱した食品でおこる

臨死、それとも?

 

私には3度の臨死体験があり、レクレーショナルドラッグで倒れた私を蘇生していたとき、幽体離脱もしたが、痛みがまったくない。痛みは肉体とともにおいていくのだ。それと同じ体験だと思った。

 

そして翌日、目が覚めるとまだ寝袋の中で生きている。白いトンネルも、イエスの迎えもない。肉体の中にいる。しかも、かなりよいエネルギーがあり、三日四日と続き、死なない。何も悪いことがおこらない。

インデアンたちはうそをついていなかった。生の肉を食べろと言っていたのは。

 

その後、シマリス、鳥、サソリ、タランチュラなど、罠にかけてなんでも手に入るものは食べた。ただ毒腺だけは除いた。

 

I:そのような話で皆怖がるのです。ものすごく原始的な話になりますから。

 アジアに行けば、日常茶飯事ですよ。

 

I:西洋の理解では、ちゃんとお店で買ったお肉を焼いて、中身が生でも、いいんです。ただ、あなたのように狩りでとったのをそのまま食べるのは、「生」なんです。店で買ったものは半生のステーキでもいいんです。この心理的な違いが人々を怖がらせます。それで、あなたが非常に問題な人だとなってしまう。何が起こっているのでしょう?本能的存在として、それを私たちが処理できなくなったというのは?

 

それはコンディショニングですね。恐怖をもつように教えられている。世界で一番バカなことだ。歴史上、生の食べ物は数多く存在する。ステーキタルタル、生肉、生卵、ドイツ人は他に比べてよく食べる。ステーキタルタル。フランス人も。また、カルパッチョも、完璧な生肉だ。

 

レストランで食べさえすれば、違うんですよ。でも、あなたは、個人的にそれに立ち向かった。

ウサギの次に食べたのは、ガラガラヘビだった。骨が多くて食べにくかった。チキンというより、魚の刺身みたいだった。

 

I:あなたの場合は、そういった環境にいたから、なんでもそこで手に入るものを食べた。それで、どれぐらいの期間で体に力が戻ったのですか?

 

1週間ほどワナをかけたりしたが、それほどとれなかった。体重は43キロだった。そこの農業地帯を自転車でまわった。そこではデーツや柑橘系の栽培が多かったが、その他ブタ、ヤギや家畜、乳牛を飼っていた。それで、農場主たちと話をつけて、乳しぼりをやって生乳を飲ませてもらったりした。また、その他の必要な食物を手に入れた。毎日生乳を1ガロン、バターを1~2本およそ100gほど。チキン、卵、なんでも食べられるものを食べた。そうしながら2か月半で22キロ体重が増えた。そして、縮小シュワルチネッカーみたいになった。人生ではじめて筋肉と言うものを手に入れた。小さいときは太っていたが、糖尿になってからはやせていた。

 

I:もちろん、生の脂肪、生のタンパク質のためでしょうが、同時に労働もしたのですね。そして、短い期間でシュワルチネッカーになった。その後、なにをするようになりましたか?

 

ロサンジェルスに戻り、生肉がすごいとふれまわると、皆に、「とうとう頭がおかしくなった」と言われた。

「まあたしかにそうだったよ~何度もね」と、私。人生のほとんどは頭がおかしかった。22年間。しかし、これほど、健康的で安定的な肉体はこれまで味わったことがないので、確信していた。

 しかし、3年も、「おまえ、頭がおかしい」と言われ続けたので、そうかもしれない。今度病気になったら、そろそろ生肉が私の体をむしばむぞ、とも思った。

 

13年生肉を食べたが、10年間は恐怖だった。しかし、私は迷走神経を切られたのに、生肉を食べ続けて13年間、吐くことも下痢もまったくない。それで、これは変なことが起こっているぞと思った。そこで、全く理解できないので、主要な医学大学へ行き、生肉が本当に寄生虫侵入につながるかの実験、研究を探した。たった1件もなかった。

 

I:細菌やばい菌による中毒で皆恐怖を感じています。生卵、生乳などを飲むと、病気で死ぬといいますが、実際の統計はかなり違うのです。95,6%は、料理した食べ物から中毒はおこりますね。

 

99.999%だ。

アージョナスのインタビュー訳 つづく

最初から読む

 

 

 

Related Posts:

「生」を食べて生還-コヨーテが教えた智慧

仕事や感情的ストレスをいろいろと言う人々がいるが、屋外生活程のストレスはない。

ストレスがなんであるかを皆は知らないのだ。冷暖房完備の家が普通だと思っているが100年前まではそういった気候的ストレスがあった

 

そんな中で、私は厳格なフルータリアン(木食者)だった。乳も卵も肉もまったくゼロだった。

これで完全に健康は崩壊した。もう死のうと思った。

気温10°になると激しい関節痛になり、9°では耐えがたい痛み、もう動けなくなった。

 

自分を餓死させようと思い、カリフォルニアにあるインディアンの埋葬場所に行った。そもそも、アラスカのエスキモーと暮らし、インディアンの四つの部族と暮らしたが、彼らは皆生の肉をすすめていた。しかし私は、「ああ、そうやってこの白人青年を殺す気だな」と思っていた。ここでも、洗脳されてきたことが頭にあり、生の植物は食べていたとしても、生の肉は決して食べなかった。迷走神経を切られたので、胃酸がない。食べると寄生虫が入り、死ぬ。と固く信じていたのだ。

 

私はカリフォルニアのインディアンの墓場に行った。そこは、セント・マルティナス山脈のふもとで、頭痛を去らせるために水だけを飲んだ。おそらく40から60日ぐらいのことだと思った。

 

近くにコヨーテたちの洞穴があり、毎夜、夜中に起こされた。ハウリングをしたりして、私と遊ぶかのようだった。おぼろげだが、10日目か12日目、コヨーテたちが私のキャンプサイトの周りを回り始めたのを感じた。そして11匹いるのを感じ取った。

 

次の日の夜、彼らはウサギをしとめて裂き、私の足元にもってきた。私はまた哲学的ベジタリアンで、動物愛護の観点から動物を殺さないし、食べることもないと決めていた。目の前を見るとそのウサギは裂かれていて、血まみれでぐっしょり水っぽかった。

 

そして10歳ごろのできごとが思い出された。兄といとこたちがウサギ狩りに行くと言い、おじが、「ウサギがとれたら、茶色になるまで加熱して食べないと死ぬぞ」と話していたことだった。

 

野生のウサギには特有の細菌がいて、48時間以内に小腸に到達し、そうなると激痛を持って死ぬと。

「そうか。なるほど、コヨーテたちが速く死ねるように私を手助けしているのか」と思った。それで、ウサギを食べた。毒のある植物を食べたら吐いたりするので、そうなるだろうと覚悟した。

 

しかし、12回目ぐらいかみついたところで、ものすごくおいしいのを感じた。そのとき1.5キロぐらい食べた。コヨーテが残りを食べ、キャンプにもどった。こんなに気分がいいのは、これから死ぬからだと思っていた。

つづく

アージョナスのインタビュー訳

インタビューを最初から読む

Related Posts:

あなたの体の99%は細菌

Aajonus, founder of the Primal Diet

Aajonus, founder of the Primal Diet

 

ボランティアたちは私のために買い物をしたり、必要なものをとって来てくれたりした。また、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて食べさせてくれた。

放射線治療ののち、口の周りの骨が溶けたので歯が全部ぐらぐらした。自分の歯でかむと出血して数時間続いた。それで、週に二回の輸血をした。また、クリスピーライスもよくくれた。砂糖だらけだ。さらに4さじの砂糖をいれた。そうして加工乳が消化できるようにした。

 

ある時、この若い18歳のアフリカ系アメリカ人の少年が生のニンジンジュースと生乳をくれるようになった。私は21歳で、この18歳の若い青年は歌手でお金はたくさんもうけていた。10日ほどニンジンジュースと生乳をのんだら、自閉症が止んだ。もちろん、すぐには全快しない。歯や骨も治るのに2,3年はかかる。

 

また、料理しないものは食べてはいけないと言われていた。バナナもリンゴも蒸して食べた。そうしないと死ぬと言われていた。つまり、ばい菌や寄生虫が入ったら私には胃酸がないので、それらを殺せない。

全部医療界の神話だ。ナンセンスなのだ

 

I:生のジュースや生乳からの生きた酵素で回復にむかったのですね。

 

酵素に、生きているとかいうのはなく、それはタンパク質だ。菌は生きている。

体を見ると、99%が細菌だ。抗生剤を飲むたびに自分の体の細菌を破壊しているのだ。

抗生剤を5日続けると、細菌の1%は死ぬ。それによってあなたの活動や機能が破壊される。10日や何週間も、何年も飲む場合がある。

 

私の母は聞こえが悪く、補聴器をインプラントしていた。ドクターはその期間抗生剤を飲むようにとした。その結果、母は消化できなく、機能できなくなり、死にかけていた。それで、私は彼女にパパイヤをあげて消化をたすけ、それで母は生き返った。実際、母のところへは「さよなら」を言いに行ったのだが。私の息子を生き返らせたのも同じようなことだった。どちらも食べ物であの世から引き戻した。

 

つづく

(多くの病を直し、完全な健康体を作り出す「プライマル・ダイエット」創始者、アージョナスの劇的な半生についてのインタビューの続きです・・)

インタビューを最初から読む

Related Posts:

解毒を助ける

 
 何かネガティブな反応、(例えば、ダイオフ、悪玉菌個体激減減少、後退現象、メンケン反応etc。訳者注) があるということは,
  
食事法が効いているという意味にとらえていいのですか?
 

 N:ある意味ではそうです。
  
それは解毒の作用です。自然療法家、ホメオパス、その他の自然療法のドクターたちはこれについてよく知っています。
  
子供について言えば、この反応をコントロール下(耐えられる限度下)に置くことが重要です。

対処法としては、  

続きを読む

Related Posts:

自閉症における有益細菌のはたらき

D: 発酵食品は何千年の昔から食べられていますが、今は、それを自分で作らなくなっています。
「おばあちゃんが作っていたけど、健康にはいいらしいけど、自分では作らない」と言います。それを取り戻さねばなりません。
これらは、非常に重要です。生命力にあふれた細菌たちの生きた力が必要なのです。有益細菌の実際の数は知りませんが、とにかく、おびただしい数の有益細菌があり、テニスコートを覆うほどだといいます。
N: 腸管を平面に広げると、テニスコート大になります。このコートがバクテリアの厚い層で覆われています。ここに2キロに及ぶバクテリアがいます
これら有益細菌が健康な人には住んでいるのです。人体の細胞よりも数倍多い細胞数です。
遺伝的物質も人の体全体より多く、この遺伝的物質は非常にパワフルです。これが人体の遺伝的物質と交互作用し、話し合い、遺伝子の表現に影響します。これがあなたの遺伝子のにかかわります。 
人間は、創造(出現)以来、有益細菌を取り入れてきました。
水を川や井戸から飲みました。土壌細菌などの細菌でいっぱいです。彼らはタンニンとフミン酸をだします。これらが私たちがミネラル吸収の自然な方法です。フミン酸は、土壌からの無機質型の金属をキレートします。それはまた、植物が吸収する方法でもあります。 
私たちは、水道水を飲むようになりました。水道水は塩素を加えて消毒されていて、これらのバクテリアがいません。世界の国々で水道水が導入された直後に虫垂炎の大流行がありました。それがロシア、英国、欧州の国々、シンガポール、中国で記録に残っています。飲み水の塩素消毒が始まると、虫垂炎の大流行が始まるのです。重要なものが飲み水から除去されたからです。塩素がバクテリアを破壊するのです。 
人々は発酵食品をよくとっていました。それが自然な保存法でした。穀類、肉、魚、野菜、乳など地上の食べ物はほとんど全部を発酵しました。このように人々は常に食事から非常に多くの生きた有益細菌を取り入れていたのです。私たちには必要です。体はそれを必要とするように設計されています。 
ただ、ほとんどの市販のプロバイオテックサプリは、健康な人が健康を維持するために作られています。健康に違いをもたらす目的で作られていません。自閉症の子供たちは、介入量、治療量のプロバイオテックが必要です。しかも、様々な異なるバクテリアが含まれ、治療に十分な量を含んでいなければなりません。私がクリニックで使っているものは、バイオクルトという製品ですが、このようなプロバイオテックは、ダイオフ反応を起こします。
有益細菌が病原体細菌を殺し、死ぬときに毒素を多く出します。このような毒素のためにこの子供は自閉症の症状が出るのです。それで、この大量の介入量のプロバイオテックを消化管に導入すると、ダイオフ反応が起こり、症状が一時的に悪化します。
それで、プロバイオテックの導入は、ごく少量からはじめ、徐々に治療量の投与量に近づけていきます。そして、そのまま、数か月量を維持します。病原体を一掃し有益細菌と取り換えるには長い期間がかかります。 
D: 私たちのボディ・エコロジー・ダイエットには、7つの原理があり、その中の一つで、浄化作用というものがあります。
私たちが自閉症とかかわるようになって数年たちますが、学び始めのころのお母さん方には、この、浄化作用についてよく教えねばなりませんでした。つまり、健康へと向かい始める時、体にエネルギーがわくようになる前、最初に体がやることは、毒素を出すことなのです。まず毒素を出さなければ、健康にはならないからです。毒素が血流に出て、皮膚や、発熱などで出ますが、その症状をみたお母さんが、「この食事は効いていない、食事を変えても、子供が変わらない、突然子供が調子を崩した」と言うことを言われます。
まず理解してもらうことは、体はまず自ら浄化するということ。それからよくなるというのが、この体の創造と設計において行われることです。そのため、毒素を出しますが、その時快適ではないのです。
数年間のかかわりのなかで、お母さんがカギであることがわかりました。この子供がよくなると信じ、そのために浄化していると信じ、発熱や、インフルエンザのような症状になったり、疲れがひどい、機嫌が悪いなどのことを耐え忍ぶのです。これが過ぎ去れば子供がよくなると信じるのです。母親が正しいことをやっていて、状況が悪くなっても、それを過ぎれば治る方向に向かうのです。 
たとえば、ヤングココナッツジュースのケフィア発酵ドリンクですが、飲み始めて1~2週間の中で、子供の便が非常に臭くなるというのです。しかし、それが過ぎ去ると、子供が前にできなかったことができるようになったとおっしゃいます。アイコンタクトや、社会性、発語などがあったと。体にあらゆる毒があったわけです。子供たちは毒素を出した後、治っていくのが大人に比べて速いのです。それで、なるべく早い時期に始めるのがよいのです。理想的には一人も自閉症になる子供がいないのがよいのですが、私たちはそのために予防する手立てを知っています。幼い子供なら非常に速く治すことができ、少し大きくなった子供でも、もちろん改善できます。 
パート(4)

Related Posts:

自閉症のカギは腸内に

N:この治療は消化管に集中せねばなりません。自閉症の子供で、消化管に問題、症状のない子供には出会った事がありません。有益細菌たちは、消化管のハウスキーパーです。彼らは消化管のすべての表面を覆っています。侵入者、病原体細菌、毒素など環境から入るものたちから守り、また、食物が来ると、栄養素に変換します。彼らは父であり、母であり、消化管の裏地、腸の統合性を担当するハウスキーパーであり、食物を適切に消化吸収させる働きをします。

 

実際、母親の細菌叢もこわれていて、子供自身正常なものを受け継いでおらず、抗生剤でせっかく持っていた有益細菌を一掃したり、予防接種などで有益細菌を壊したりしたために、有益細菌がそこにいないなら、子供の腸は栄養素の源となるはずが、これでは、毒素の主要な源となっています。

 

自閉症を治すためには、治療は腸に集中し、その機能をとりもどし、病原体を一掃し、正常な細菌を復活させ、腸の裏地を治さねばなりません。それで、食事法が治療の成功如何を80~90%左右します。

 

人間の消化管は、長いチューブです。ここに影響するものが健康に影響します。なぜ胃腸科の医者たちはそれを理解しないのでしょうか?それで、食事法がナンバーワンの重要な介入法です。

 

これまで、カゼイン・グルテン除去法が自閉症のナンバーワンの治療法でしたが、これは、数多くの毒素の中のたった二つを解決しようとするものです。ケイセノモルフィンとグルテオモルフィンです。

しかし、ほかにも数多くの毒素があるのです。腸に発生し、血流に流出し、子供の脳へと入っていきます。そのすべての毒素について解決されねばなりません。

cfgfダイエットではそのすべてを解決できません。それで、異なる食事法があります。

続きを読む

Related Posts:

発達障害と細菌感染(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

発達障害と細菌感染

(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

YouTube Preview Image

GAPS™のナターシャ先生と、BEDROK のドナ・ゲーツのインタビュー(2007年8月にアップロード)以下に訳をおいておきます。

 D:私はドナ・ゲーツで、「ボディ・エコロジー・ダイエット」の著者です。 

Donna Gates

 私たちは、自閉症の子供たちのための、BEDROK (Body Ecology Diet Recovering Our Kids) という食事療法プログラムを行っていて、その中心は発酵食品です。

親御さんたちに発酵食品を患者さんの腸に導入する手助けをしています。その理由は、りっぱなバクテリアを腸に入れることで、健康に有益です。有益細菌が数ポンド必要で、この子供たちにはそれがありません。それが、自閉症の原因だと思います。それで子供たちに健康を取り戻してもらうプログラムです。

 

 

N:私はナターシャ・キャンベル・マクブライドで、医師(神経科、栄養科)です。イギリスのケンブリッジに住んでいます。生まれはロシアです。  

Dr. Natasha

私は、自閉症の子供たちをクリニックでみています。もう、何年もたち、かなりの数の子供たちをみました。私の息子は3歳で重度の自閉症の診断をされ、現在12歳で、完全に治り、普通学校で非常によくやっています。スポーツをやり、友達がいます。 
さて、自閉症は、消化管で始まっていると思います。最初は、細菌叢のダメージから始まります。消化管に住む大量の細菌は2kgにもおよびます。高度に組織された細菌世界です。 続きを読む

Related Posts:

GAPSプロトコルをはじめる

それではどのようにして患者たちを治療するかについてです。それがGAPS栄養プロトコルです。これらが消化系の障害だからです。

消化系は長いチューブです。そのチューブに起こることがその人の健康に直接的に影響します。従って、食事が第一の治療です。それが最も重要であり、コーナーストーンです。「食事を変えずにこの療法ができませんか?」と聞く人がいます。「サプリメントだけでいかがでしょう?」とも言われます。簡単な答えはありません。この世で、なんでもよいことは、行うことが難しいのです。それで、ウェブサイトを作りました。


私のクリニックには長蛇の列があり、待たせるのは非常に不公平です。特に子供は待たせるわけにいきません。子供は毎日が貴重なのです。緊急なのです。すぐ始めるべきです。それで、できるだけたくさんの情報をウェブサイトと本に載せました。それを読めば大部分の人は、私の監督がなくてもすぐこれが始められます。「あなたの本を読んで、実行し、二年たって素晴らしい結果を出しました」というメールを頂きます。二年のうちに、自閉症やADHD,などが消失したのです。それは素晴らしいことです。

また、効果的なプロバイオテックは必須です。患者さんの腸に有益細菌を導入しなければなりません。多くの市販のプロバイオテックがあります。食品産業も参入し、ドリンクや食品、サプリをつくっていますが、大部分はプロフィラクティックで、健康な人に、健康を維持してもらうためのものです。GAPSの人たちには、治療量のプロバイオテック、強力なものが必要です。強力な菌種をよい組み合わせで投与することが必要です。

強力なプロバイオテックは、ダイオフ反応を引き起こします。有益細菌はカンジダやクロストリジウムを攻撃し、殺します。プロテウス、溶連菌、その他多くの過剰発生している病原体たちを殺します。それらが死ぬとき、毒素を発します。その毒素が個別の症状をつくっているのです。自閉症、うつ、強迫神経症、じっと座っていられないなど、様々な症状です。

それで、治療量のレベルで始めた場合、かなりひどい反応が出て退行が深刻になります。それがダイオフ(個体激減反応)というものです。強力なプロバイオテックは、ほんの少量から始めなければなりません。それでもダイオフがありますので、ダイオフをそのまま乗り越え、それからほんの少量を増量します。そのように徐々に増やして治療量にもっていきます。年齢別に治療量が決まっており、本に書いてあります。このようにして制御下におきます。耐えられる量を知るのです。

てんかんのある人は、特にそうする必要があります。まだてんかんの原因についてはっきりわかっていません。それで、非常に慎重に増やさねばなりません。この増量の早さは個別的に非常に異なり、重症度も違っています。軽度なら早めに増量しても大丈夫です。それでも何週間かかかります。MEや慢性疲労の患者さんにはカプセルの8分の1から始めることもあります。カプセルの中身を出して、ナイフの先に少しだけのせてとりますが、それでも、激しいダイオフが起こります。耐えられるようになるまで数日かかります。それで、また少し足し、を繰り返します。症状の重症度により治療量に到達するのに数か月かかります。 ≫つづく

Related Posts: