コレステロール」カテゴリーアーカイブ

脳卒中インジケーター・・・脳卒中の兆候を知り、一刻も早く治療を

血管がつまって卒中がおきる

血管がつまって卒中がおきる

脳卒中のサイン

発達障害とは直接関係ないようですが、なにかと集まることも多い季節・・ 健康と病気についてのヒントをお伝えします。(在英のフェースブックの友からの情報です。)

 

脳卒中の兆候を知る新しい方法!

この情報を10人に教えれば、一人の命を救えるとのことです。

 

 血のかたまり・脳卒中 - 第四のインジケーターは舌: 

 

バーベキューをしていたある女性が躓いてころんだが、皆には「大丈夫よ」(皆は救急救命士をよぼうかと言った)「新しい靴だから置いてあったレンガに躓いただけよ」と言った。皆は、汚れたのできれいにして新しいプレートをあげた。少し震えたようにも見えたが、夕方ジェーンはその後楽しんで過ごした。

 

ジェーンの夫の話によると、その後彼女は病院に運ばれ、午後6時に死亡した。バーベキューで脳卒中が起こっていたのである。脳卒中のサインを知っていたら、多分ジェーンは今も生きていただろう。死亡しないケースもあるが そのかわり不自由な状態になる。

 

これを読むだけなら1分ですむ! 脳神経学者がいうには、卒中から3時間以内なら完全に治すことができる。この方法によると、卒中をすぐさま確認、診断し、医療ケアを3時間以内に行うというものだ。

  続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

脳は脂肪でできている?

raw butter

生バター

息子は、隠れて冷蔵庫のバターにかじりつきますが(なぜでしょうか)・・ 

 
D:彼らは生の脂肪が必要で、それによって発達中の骨にミネラルを運ぶのです。
大人にも必要です。骨粗しょう症の予防にもなります。

また、脳が脂肪を必要としています。母乳の50%は、生の脂肪です   

 

N:脳は脂肪でできています
 
脳の乾燥重量の12%は、アラキドン酸という、ある特定の脂肪酸です。

アラキドン酸は、バター、卵黄、動物性脂肪からとります。

毒素負荷のある子供、例えば、自閉症に限らず、統合失調症、うつ病、その他多くの心理、精神障害の人たちは、たくさんのアラキドン酸を失っています。  

続きを読む

Related Posts:

最重要なのは動物性脂肪

最重要なのは、動物性脂肪をとることです
・天然脂肪

天然脂肪は非常に重要な部分です。発熱、解毒、身体運動、など、体が力を出さねばならない時、ビタミンA,ビタミンD,ビタミンK、その他の栄養素を、驚くべき量必要とします。これらの(GAPS症状のある)子供たちは、GAPSプログラムで解毒していくわけですが、巨大な量のビタミンAを使っています。誰も正確な数値を知りませんが、十分な量を食品の形で取り入れます。多すぎても、体はよくわかって対処してくれます。しかし、サプリとして取った場合は、過剰摂取ということがあり得ます。それで、食品の形でとることをお勧めします。それが、レバー、卵黄、クリーム、バター、動物性脂肪です。

人間として、最重要な脂肪の食源は、動物性脂肪です。非常に多くの人がそれを理解するのが難しいようです。

 

私たちは、脂肪恐怖症、コレステロール恐怖症の時代に生まれ育ちました。1980年代に生まれた人々は現在30代で、この時代の人です。テレビで広告を見て育ち、無脂肪、低脂肪、心臓を守ろう、反コレステロール、低コレステロールで囲まれ、完全に洗脳されています。動物性脂肪が怖いのです。コレステロールが恐怖です。

 

しかし、人体の構造、細胞の構造、粘膜、細胞壁を見ると、50%は、飽和脂肪です。30%は、単価不飽和脂肪(オレイック脂肪酸)です。その他は、多くの種類の多価不飽和脂肪酸です。それで、多価不飽和脂肪酸が必要なら、魚油、フラックス油、ヘンプ油がよいとか、その他多くの宣伝がなされましたが、これらの脂肪は少量とるべきです。よい栄養食をとっているなら、食品からとれます。

 

しかし、大量に必要なのは、動物性脂肪です。それで、ポークの脂、ビーフの脂、卵黄、バターは、摂りすぎることはありません。朝にポリッジ(洋風おかゆ)を食べる人は、バターを入れすぎることはありません。たくさんのバターにポリッジをつけるのがベターでしょう。これらの動物性脂肪こそが、人間が必要なものなのです。ヘンプ油でもフラックスシード油でも魚油でもサンフラワー油でもありません。生野菜を食べるなら、また、ナッツを食べるなら、この多価脂肪酸を多くとっています。サプリはとらなくてもよいのです。

ココナッツ油やパーム油はよいものです。大部分は飽和脂肪で、抗真菌、抗カンジダ、抗菌のはたらきがあります。それで、ココナッツ油は抗真菌サプリとして使えます。味もおいしいですので、そのまま食べられます。

砂糖への強い執着がある場合、ココナッツ油を数さじとれば、強欲がなくなります。ポークやグースファットをそうやって食べるのは難しいでしょう。

食品産業が作るすべての代替油脂は、私たちに食べさせようと信じ込ませていますが有害です。こちらの赤い本 “Put your heart into your mouth” は、私の患者さんたちからの疑問に答えた本です。

誰もがこの疑問をぶつけてきました。この食事をして、私は心臓病で死ぬのでしょうか?心臓は?コレステロールは?コレステロール値が高いのですが、動物性脂肪を食べていいでしょうか?

天然脂肪や天然コレステロールが心臓病と何の関係もないこと、むしろよいことだと何度も説明しながら、本を書こうと思いました。心臓病と脂肪の関係、脂肪が体内で何をするか、コレステロールの種類、避けるべきコレステロール、そうではないコレステロールについて書きました。

Dr. ナターシャの講演 つづく

Related Posts:

ビタミンAとDは動物性から

栄養の伝統(5) 

 Wise Traditions 2010 講演訳つづき  

プライス博士の研究により、伝統的完全健康人たちの食物にビタミンとミネラルが大変豊富であったということがわかっています。一日の最低必要量ではありません。ぜいたくに、多量に、栄養の密度の高いものを食べたということです。
  
彼らの食事で非常に豊富にとったのは、まずカルシウムです。当時のアメリカ人の平均の4倍のカルシウム、またすべてのミネラルと有価ビタミンについても、非常に高い値です。そして、驚くべきことに、当時の米国平均の10倍の脂溶性ビタミンをとっていました。そのビタミンとは、最初にお話ししますが、ビタミンAとDです。
これらの伝統的健康食に重厚に使われたのがビタミンAとDです。これをどこからとるのでしょう?シーフードでは、魚卵、魚の肝臓、肝油、魚の頭は、非常にビタミンA豊富です。魚介類ビタミンD豊富、脂っこい魚、アザラシの脂肪は、プライス博士の発見した中でビタミンAの含有が最も高いものです。アラスカではこれをコップに入れて飲んでいました。  

  続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

コレステロールの重要性

サリー・ファロンのスピーチ (@ワイズ・トラディションズ UK会議 2010年) (使用している写真は必ずしも当レクチャーで使用されたものと同じではありません) Sally fallon 1-4

栄養の伝統(4)
動物性食品からくる栄養素
次のような多くの栄養素は動物性食品だけに見られます。

ビタミンA,Dは、動物性脂肪に多く含まれます。これについては、あとで詳しく述べます。

コレステロールは、体に悪いと言われますが、実際は子供の成長に必要な栄養素です。子供は脳と第二の脳の形成に十分なコレステロールを作ることができないのです。第二の脳とは、ナターシャが話しますが、腸です。腸は脳と同じぐらいの神経細胞が多い組織です。このどちらもコレステロール豊富な臓器で、この適切な形成と働きのためには多くのコレステロールを必要とします。

それで、赤ちゃんの食べ物、妊娠中の女性の食べ物は、コレステロール豊富でなければなりません。B12も、動物性食品からしかとれません。ある特定の脂肪、EPA,DHA、AA(アラキドン酸)は、脳機能に非常に重要です。これも、動物性食品からのみ取り入れられます。

植物性食品からも多くの栄養はとれますが、動物性食品からの方が取り入れやすくなっています。カルシウム源は伝統的には二つしかありませんでした。一つは、生の乳製品、もう一つは、魚の骨です。乳をあまりとらなかった食文化においては、魚の骨のスープです。アメリカの先住民やその他の文化では、水よりも魚のスープをよく飲みました。水を飲むのはよくないとされたからです。

アジアを考えると、典型的な食事では魚でだしをとり、一日を出発します。このようにカルシウム豊富な食物に重点が置かれていました。

B6,マグネシウム、鉄、亜鉛、銅はすべて動物性食物でより多く入手可能です。亜鉛は、植物から集めることは不可能です。植物では、これらのミネラルはキレートされており、分子のような形になっています。それで、体は多くの酵素を使って、これらのミネラルを遊離させねばなりません。それらは動物性食品の方がずっと入手可能な形になっています。

 B12は、動物性食品のみからとれる非常に重要な栄養素です。この不足があると、初期には、疲労感、手や足の刺痛、睡眠障害、不合理な怒りが現れます。いつも誰かが止めに入らなければならないなどのことがある場合は、B12をよく考えてください。この不足がさらに進むと、症状も深刻化します。精神障害、うつ病、脅迫神経、躁うつ病、アルツハイマー病、かなり多くの症例でアルツハイマーがB12欠乏症に関係があることが示されてきています。また、その他の身体的病気、多発性硬化症、心臓病などにも発展します。
 

この会場に、ベジタリアンの方はいらっしゃいますか?はっきり申し上げておきますが、毎日ステーキを食べようと言っているのではありません。この食事法は、肉をいっぱい食べようという内容ではありません。肉よりも動物性脂肪を多くとりましょう。亜鉛不足の方についてはよく赤身の肉を食べなければなりません。ただ、肉を食べていないことが、道徳的により崇高とは言えません。私たちの身の回りは、と殺された動物たちからとったものに囲まれています。ワックス、化粧品、せっけん、プラスティック、現代建築資材、などは牛からとっています。飛行機に使われる水素付加されたブレーキ液、電話の部品に使われる膜、などはビーフのゼラチンから作られます。これらすべてのものは、と殺された、殺された動物から来ています。

 

過去にはもっと多くのものを動物に頼っていました。今日では肉のみならず、皮革、毛皮、骨を使った道具、これは物質世界に住むうえで自然な成り行きです。生物世界では、すべてがほかの何かを食べています。私たち人間が死ねば、虫の餌になります。これが物質世界のリサイクルの常です。

ベジタリアンの起源

それではここで、現代流行中の低脂肪・高繊維のベジタリアン運動の原点についてお話しましょう。

アメリカでは、米国ベジタリアンソサイエティがシルベスタ・グラハムによって創設されました。彼は穀物をまるごと食べる、ホールグレイン・ベジタリアン食を唱えました。その理由は、道徳的なものからで、純潔と、肉欲の抑制のためでした。彼の説教では、過剰な性欲は病気の原因であるとするなど、あまりいい人ではありませんでした。男の子は固いベッドに寝るべきで、母親が一緒に寝たり、ハグしたりすると、性感情を呼び起こすので、よくないと言い、性欲が現れた青年たちに対する徹底的な解決法などを作りました。

彼の後継者はジョン・ハービー・ケロッグで、高繊維ベジタリアン食を提唱し、二大悪として、便秘と自然の性欲をあげ、既婚での性行為を否定しました。この人たちは完全に狂人の部類です。その後性革命がおこり、現在では、自然の欲求を抑制すると、精神的な異常をきたすと言われています。それで、この性の抑制の部分はなくなったのですが、食事法のみが残り、依然として国家政策の一つです。自然の欲望を抑制すると起こるのが拒食症です。このような食事法を、私は、ピューリタン的食物と呼びますが、この食事法に長い間とどまることはできず、人々はポルノ的なものをとって食べるようになります。これが古き良きホールサムな食物です。(51:14) つづく

Related Posts:

  • No Related Posts