」カテゴリーアーカイブ

「生」を怖がる本当の理由

 

自然で育った牛の生乳で健康に

自然で育った牛の生乳で健康に

どうも、(生)肉を食べると、精神的にも安定して静かになるようですね。

 私は食べ物を変えてみてどうなるかを実験した。自分を含めて過去42年間、文字通り何千人の人々が試した。自転車旅行中の頃はベジタリアンで、それを伝道してまわった。出会う人々にベジタリアン、生野菜食を進め、それで助けた人々もいた。

次に政策論争についてですが、毎年のように、「生食を排除しよう、生ものを排除しよう!」というキャンペーンがあります。今はまだ生乳を買うことができますが、なぜこのように常に脅威が襲ってくるのでしょうか?しかも、生乳だけではありません。他のものもです。政府の側にどのような思惑があるのか、大きな観点ではどうなのでしょうか。

  続きを読む

Related Posts:

食中毒は加熱した食品でおこる

臨死、それとも?

 

私には3度の臨死体験があり、レクレーショナルドラッグで倒れた私を蘇生していたとき、幽体離脱もしたが、痛みがまったくない。痛みは肉体とともにおいていくのだ。それと同じ体験だと思った。

 

そして翌日、目が覚めるとまだ寝袋の中で生きている。白いトンネルも、イエスの迎えもない。肉体の中にいる。しかも、かなりよいエネルギーがあり、三日四日と続き、死なない。何も悪いことがおこらない。

インデアンたちはうそをついていなかった。生の肉を食べろと言っていたのは。

 

その後、シマリス、鳥、サソリ、タランチュラなど、罠にかけてなんでも手に入るものは食べた。ただ毒腺だけは除いた。

 

I:そのような話で皆怖がるのです。ものすごく原始的な話になりますから。

 アジアに行けば、日常茶飯事ですよ。

 

I:西洋の理解では、ちゃんとお店で買ったお肉を焼いて、中身が生でも、いいんです。ただ、あなたのように狩りでとったのをそのまま食べるのは、「生」なんです。店で買ったものは半生のステーキでもいいんです。この心理的な違いが人々を怖がらせます。それで、あなたが非常に問題な人だとなってしまう。何が起こっているのでしょう?本能的存在として、それを私たちが処理できなくなったというのは?

 

それはコンディショニングですね。恐怖をもつように教えられている。世界で一番バカなことだ。歴史上、生の食べ物は数多く存在する。ステーキタルタル、生肉、生卵、ドイツ人は他に比べてよく食べる。ステーキタルタル。フランス人も。また、カルパッチョも、完璧な生肉だ。

 

レストランで食べさえすれば、違うんですよ。でも、あなたは、個人的にそれに立ち向かった。

ウサギの次に食べたのは、ガラガラヘビだった。骨が多くて食べにくかった。チキンというより、魚の刺身みたいだった。

 

I:あなたの場合は、そういった環境にいたから、なんでもそこで手に入るものを食べた。それで、どれぐらいの期間で体に力が戻ったのですか?

 

1週間ほどワナをかけたりしたが、それほどとれなかった。体重は43キロだった。そこの農業地帯を自転車でまわった。そこではデーツや柑橘系の栽培が多かったが、その他ブタ、ヤギや家畜、乳牛を飼っていた。それで、農場主たちと話をつけて、乳しぼりをやって生乳を飲ませてもらったりした。また、その他の必要な食物を手に入れた。毎日生乳を1ガロン、バターを1~2本およそ100gほど。チキン、卵、なんでも食べられるものを食べた。そうしながら2か月半で22キロ体重が増えた。そして、縮小シュワルチネッカーみたいになった。人生ではじめて筋肉と言うものを手に入れた。小さいときは太っていたが、糖尿になってからはやせていた。

 

I:もちろん、生の脂肪、生のタンパク質のためでしょうが、同時に労働もしたのですね。そして、短い期間でシュワルチネッカーになった。その後、なにをするようになりましたか?

 

ロサンジェルスに戻り、生肉がすごいとふれまわると、皆に、「とうとう頭がおかしくなった」と言われた。

「まあたしかにそうだったよ~何度もね」と、私。人生のほとんどは頭がおかしかった。22年間。しかし、これほど、健康的で安定的な肉体はこれまで味わったことがないので、確信していた。

 しかし、3年も、「おまえ、頭がおかしい」と言われ続けたので、そうかもしれない。今度病気になったら、そろそろ生肉が私の体をむしばむぞ、とも思った。

 

13年生肉を食べたが、10年間は恐怖だった。しかし、私は迷走神経を切られたのに、生肉を食べ続けて13年間、吐くことも下痢もまったくない。それで、これは変なことが起こっているぞと思った。そこで、全く理解できないので、主要な医学大学へ行き、生肉が本当に寄生虫侵入につながるかの実験、研究を探した。たった1件もなかった。

 

I:細菌やばい菌による中毒で皆恐怖を感じています。生卵、生乳などを飲むと、病気で死ぬといいますが、実際の統計はかなり違うのです。95,6%は、料理した食べ物から中毒はおこりますね。

 

99.999%だ。

アージョナスのインタビュー訳 つづく

最初から読む

 

 

 

Related Posts:

「生」を食べて生還-コヨーテが教えた智慧

仕事や感情的ストレスをいろいろと言う人々がいるが、屋外生活程のストレスはない。

ストレスがなんであるかを皆は知らないのだ。冷暖房完備の家が普通だと思っているが100年前まではそういった気候的ストレスがあった

 

そんな中で、私は厳格なフルータリアン(木食者)だった。乳も卵も肉もまったくゼロだった。

これで完全に健康は崩壊した。もう死のうと思った。

気温10°になると激しい関節痛になり、9°では耐えがたい痛み、もう動けなくなった。

 

自分を餓死させようと思い、カリフォルニアにあるインディアンの埋葬場所に行った。そもそも、アラスカのエスキモーと暮らし、インディアンの四つの部族と暮らしたが、彼らは皆生の肉をすすめていた。しかし私は、「ああ、そうやってこの白人青年を殺す気だな」と思っていた。ここでも、洗脳されてきたことが頭にあり、生の植物は食べていたとしても、生の肉は決して食べなかった。迷走神経を切られたので、胃酸がない。食べると寄生虫が入り、死ぬ。と固く信じていたのだ。

 

私はカリフォルニアのインディアンの墓場に行った。そこは、セント・マルティナス山脈のふもとで、頭痛を去らせるために水だけを飲んだ。おそらく40から60日ぐらいのことだと思った。

 

近くにコヨーテたちの洞穴があり、毎夜、夜中に起こされた。ハウリングをしたりして、私と遊ぶかのようだった。おぼろげだが、10日目か12日目、コヨーテたちが私のキャンプサイトの周りを回り始めたのを感じた。そして11匹いるのを感じ取った。

 

次の日の夜、彼らはウサギをしとめて裂き、私の足元にもってきた。私はまた哲学的ベジタリアンで、動物愛護の観点から動物を殺さないし、食べることもないと決めていた。目の前を見るとそのウサギは裂かれていて、血まみれでぐっしょり水っぽかった。

 

そして10歳ごろのできごとが思い出された。兄といとこたちがウサギ狩りに行くと言い、おじが、「ウサギがとれたら、茶色になるまで加熱して食べないと死ぬぞ」と話していたことだった。

 

野生のウサギには特有の細菌がいて、48時間以内に小腸に到達し、そうなると激痛を持って死ぬと。

「そうか。なるほど、コヨーテたちが速く死ねるように私を手助けしているのか」と思った。それで、ウサギを食べた。毒のある植物を食べたら吐いたりするので、そうなるだろうと覚悟した。

 

しかし、12回目ぐらいかみついたところで、ものすごくおいしいのを感じた。そのとき1.5キロぐらい食べた。コヨーテが残りを食べ、キャンプにもどった。こんなに気分がいいのは、これから死ぬからだと思っていた。

つづく

アージョナスのインタビュー訳

インタビューを最初から読む

Related Posts:

脳は脂肪でできている?

raw butter

生バター

息子は、隠れて冷蔵庫のバターにかじりつきますが(なぜでしょうか)・・ 

 
D:彼らは生の脂肪が必要で、それによって発達中の骨にミネラルを運ぶのです。
大人にも必要です。骨粗しょう症の予防にもなります。

また、脳が脂肪を必要としています。母乳の50%は、生の脂肪です   

 

N:脳は脂肪でできています
 
脳の乾燥重量の12%は、アラキドン酸という、ある特定の脂肪酸です。

アラキドン酸は、バター、卵黄、動物性脂肪からとります。

毒素負荷のある子供、例えば、自閉症に限らず、統合失調症、うつ病、その他多くの心理、精神障害の人たちは、たくさんのアラキドン酸を失っています。  

続きを読む

Related Posts:

超健康人の食物

栄養の伝統(1)

ウェストン・A・プライスは、1920年代30年代にオハイオ州クリーブランドで歯科医をしていたが、常に、疑問があった。
その第一は、「私の患者たちは、なぜ皆病気なのか?」
この問いに対する答えを探すため、彼はナショナル・ジオグラフィックのカメラマンであった甥を連れて、世界の奥地と呼ばれる場所に旅に出る。 まだ道路の通っていないスイスの村。狭い山道を通りたどり着いたその村で、「あなたがたが文明を必要とする何倍も、文明はあなた方を必要としている」と説得し、研究への協力を得た。そこに集まった人々40数人の中に、虫歯のある人は一人であった。彼らはもちろん歯磨きの習慣はない。あごががっしりしていて、歯がまっすぐに生えている。頬骨が高い。体格がよい。スイスの国内競技でも上位に入る人々がいる。女性は美人だ。

ヨーロッパ全土で結核が健康問題の第一位だった時代、この地域で結核になった人はいない。

彼の第二の問いは、「健康な歯、健康体を持つ人々は何を食べているのか?」

それは、当時結核の原因とされていたローミルク(生乳)、それからつくったロー(生)バター、生クリーム、生チーズだ。夏場に作ったライムギでサワードウを作り、典型的な昼食は、サワードウブレッドに二倍分厚い生チーズスライス。世界的にも、健康なことで知られる民族は、穀物と生乳を食べている。また、週に一回ほどは動物もまるごと食べる。脂肪、内臓、すべて無駄にしない。夏場には野菜もあるが、年間を通して、穀物と生乳が彼らの主食である。

彼は常に対照実験として、その村に近いところにあり、道路が通り、現代化された村に行き、同じような研究をする。この近隣の現代化された村では、38%が虫歯。そして、現代食をとった親の子供は顔の輪郭がせまく、あごの骨格がせまくなっている。

虫歯や歯並びが悪い。つまり、道路が通った時から、店ができ、彼らは加工食品を食べ始めたのだ。プライス博士が呼ぶところの、中身はからっぽだが、伝統食を追い出す食べ物だ。また、結核も大きな問題となっていた。

次に行ったのは、アイルランドの海に浮かぶ孤島。ゲール族の人々である。彼らも現代社会とは無縁で、健康そのものな人々。動物はいないので、肉も卵も乳製品も食べない。果物も野菜もない。ブロッコリもない。彼らの食事はシーフードだった。すべてが海で取れるもの。唯一の野菜は、海草。島ではオート麦がとれたので、それを使って料理した。

プライス博士の発見では、これら健康な村には、ある聖なる食物が必ずある。子供を作る前の男女、妊娠した女性、出産して授乳している女性、成長期にある子供がそれを食べることが重要だとされている。現代では完全に忘れられていることだが、子供を産み育てるためにはさらに追加すべき栄養があることを彼らは知っている。いつも食べているものや、一日分として許されている量のほかにである。しかも、ちょっぴり多くではなく、たっぷり多くである。

スイスの村では、それは特別なバターであった。牛が放牧に出されて最初にだす乳で、オレンジ色をしており、実際、これを供え、祈りをささげるという儀式もあった。

海に浮かぶゲール族の村では、タラの頭にオート麦とタラの肝をつめたもの。これが子供たちの朝食である。

次に行ったのはあるアラスカの村で、村人たちは体の剛健さで知られている。幅広く美しい顔の輪郭、歯列の異常がない、子供は強くたくましく、好奇心旺盛、めったに泣かない。栄養の良い子供は泣かないのだ。そこでは過去30年間、結核や関節炎、癌など手術が必要な病がなかった。歯を調べるとよくかけた歯があった。彼らは獣の皮を噛み切り、砂の付いた穀物を噛むが、そんなかけた歯も虫歯になっていない。彼らをプリミティブ(未開人)と呼ぶが、プライス博士は、心からの尊敬をこめて呼ぶ。彼らが私たちに与えてくれるものはあまりにも多い。彼らに学ばなければ、現代人は文明とともに死ぬだろうと言う。彼はまた、のちに加工食品を食べるような文明を村々にもたらした宣教師たちに対してある意味批判的になり、「自分はこの村で教えてもらった食べ方を文明人に伝える宣教師として来た」といった。

現代化されたアラスカ人は現代食を食べ始め、歯列が悪くなり、虫歯が増えた。歯医者のいないところでは、どんなに大変だっただろう。歯が悪くなることで、食物を噛みすぎたり、噛まなさすぎたりして、取り入れるべき栄養を取ることができず、それが多くの病気につながった。

未開のアラスカ人、エスキモーたちの主食は、アザラシの脂肪で、料理やドレッシング、食品の保存に使い、誕生日にはホイップしてベリー類を乗せてお祝いした。この食事のカロリーの85%は脂肪で、高脂肪食。彼らは小さい野鳥はよく食べた。海の哺乳類、陸の哺乳類、唯一のきまりは、赤身の肉を絶対食べないということ。赤みは乾燥させて、脂肪を塗って食べた。これが私たちの発見だ。未開の人々は皮を取った鶏の胸肉を絶対食べない。あるいは、赤みだけの厚い牛肉も。こういうものを食べると病気になることを知っている。また、魚を発酵させて食べる。この発酵というものが、どの文化にもあり、力やスタミナを与えてくれる。アラスカ人にとっての聖なる食物は、魚卵で、それを日干しにする。「どうしてこのようにして食べますか?」と聞くと、「子供を作るのに必要です」という。つまり、子供を産み育てるのに特別な栄養が必要だと知っている。妊娠前、妊娠中、出産と子育てに不可欠なのだ。

こちらの写真はフロリダ周辺にいたインデアンの人々で、プライス博士は、ほかの民族が流入する前にここに尋ねることができた。この写真をみると、高貴な顔立ち。みな王子や王女のようだ。栄養良好で、遺伝子の表せる最高の表情を出すことができる。

体を家や寺院にたとえるなら、どの建物にも青写真がある。それが遺伝子やDNAというもので、創造主からの贈り物。私は遺伝子異常というものはそもそもないと思う。私たちには完璧な青写真がある。その青写真が最高に表に出してあらわされるかどうかは、その建設に使われる資材によって決まってくる。どんなに設計図がよくても、安っぽい資材、少ない資材しか使えないなら、設計図通りのものはできない。小さめになったり、狭くしたりせざるを得ない。この右上の族長の姫とおなじ系列のこちらの写真の人は、両親が食事を変えた後に生まれた。設計図は同じだが、資材が違う。顔の幅が狭く、歯が生えるスペースが狭い。これは、体のあちこちに損傷がくるというサイン。

「歯を見ればすべてがわかる」という表があります。歯がまっすぐに生える骨格には脳下垂体、松果体、視床下部が入る。ここが衝動制御の場所。今日、衝動制御のない子供が増えている。頭幅が狭く、栄養状態が悪いと、この内側の臓器が損なわれる。 歯がまっすぐな人は体の骨格がしっかりとして、よい筋肉で、視力、聴力がよい。心臓、すい臓、肺などの内臓がよく形成される。肺の表面が広いと、病気に抵抗力が大きい。そして、脳も。よく神経がつながりやすい。学習がよくできる。学習のつながりやすさと感情のつながりやすさは関連がある。脳には「気分がよくなる」化学物質のレセプターがあり、マリワナ、アヘン、などと似たもので、健康な人は、一日中、気分が自然ハイである。そして、完璧な割合で存在するので、副作用がない。この薬物に中毒になる人々は、そういう化学物質がないので、少なくとも瞬間的にでも、あるべき「幸福感」をなんとかして得ようとする。

歯がまっすぐの人は、骨盤の開きが大きく、赤ちゃんの頭が通れる。帝王切開の必要がない。私は帝王切開に反対するわけではない。ほとんどの場合、これが必要な手立てだろう。これがなければ、出産が非常に危険なものとなる。

まとめると、歯列が込み合って歪んでいる場合、骨格もゆがみ、聴覚、視覚がそこなわれ、運動機能もうまくはたらかない。臓器もうまくはたらかない。そこにうつ病や精神病がともなってくる。脳も臓器であり、栄養が必要。骨盤の開きが小さく、出産が危険となる。

つづく

 

栄養ではぐくむ伝統食 (1)
http://vimeo.com/14089342サリー・ファロン・モレル のスピーチより(パート1-1) (写真は講義に使われたものと同じではありません)

ワイズ・トラディションズ会議 2010年 UK

Related Posts: