生乳」カテゴリーアーカイブ

「生」を怖がる本当の理由

 

自然で育った牛の生乳で健康に

自然で育った牛の生乳で健康に

どうも、(生)肉を食べると、精神的にも安定して静かになるようですね。

 私は食べ物を変えてみてどうなるかを実験した。自分を含めて過去42年間、文字通り何千人の人々が試した。自転車旅行中の頃はベジタリアンで、それを伝道してまわった。出会う人々にベジタリアン、生野菜食を進め、それで助けた人々もいた。

次に政策論争についてですが、毎年のように、「生食を排除しよう、生ものを排除しよう!」というキャンペーンがあります。今はまだ生乳を買うことができますが、なぜこのように常に脅威が襲ってくるのでしょうか?しかも、生乳だけではありません。他のものもです。政府の側にどのような思惑があるのか、大きな観点ではどうなのでしょうか。

  続きを読む

Related Posts:

毎朝カフェイン飲んでる?

生バターによる驚くべきヒーリング

 

生バター

一度も加熱処理されていない生のバターが治す

脳神経などへの働きはクリームはバターほどではない。生バターが最もすぐれている。

私の食事法では、バターを特に強調している。これを第一に取らねばならない。

 

I:あなただけではなく、サリーファロンなどがいます。多くの研究があります。

 

しかし、まだ細菌恐怖症から抜け切れない。まず生肉を冷凍しろ、という。バターを冷凍しろ、など。牛乳を冷凍しろとは言ってないからましだが。

しかし、私の行った動物実験で、冷凍していた肉を与えた群には皮膚病が現れた。

続きを読む

Related Posts:

食物―生脂肪での解毒

脳の3分の2は脂肪

脳の3分の2は脂肪

 生の脂肪で行う解毒治療

 

乳糖不耐性の人には生乳をすすめていますね。

 

(生乳で)99%の人が不耐性がなくなる。1%の人は、古い乳糖が体内に残っていて、・・それで、私は毎日2~4オンスの生乳を1か月飲んでもらう。そうすると1%の人々も不耐性がなくなる。

 

I:ある文化、ある民族、あるいは、アジア人は特に乳糖に不耐性があるという説がありますが、例えばその原因は、牛たちがそこの穀物を多く与えられたりして遺伝子的に異なるのか、ということですが、どうでしょうね。

 

それはまた「うそ」だろうね。インドでは肉を食べないが牛の乳は飲食する。しかし、牛乳が唯一の公害をとめる解決方法なのである。ミルクには凝縮したミネラルがある。それで、中和される。ワクチンや汚染などが中和されてミルクに出てくるので、生乳を飲ませたくないのだろう。だから嘘をついている。私の患者はシンガポール、タイ、フィリピン、ベトナムに多くいるが、彼らはちゃんと治っていく。シンガポールで主要な中国語新聞が私の提唱する食事法についてフロントページに載せた。以前は痩せて骨ばった中国人たちが、今は頑丈な筋肉をつけた。シンガポールの中国人については皆効果があった。彼らは喜んでいる。

 

I:それはおもしろいですね。ウドー・エラスムスをご存じですか?彼の場合、ヒッピーでガーデニングをしていて農薬をいっぱい使い生えたものを食べて病気になりました。また、農薬をまいた土地をはだしで歩いていたのです。彼も何かの本で、脂肪こそが解毒の力があると読んだのです。

 

まず基本的な理解のためには組織を分析する。たとえば、脳の研究では60,70、80%が脂肪だ。「あなたは脂肪が多いですね!」と言われるのは、お世辞と同じだ。骨髄も(脂肪が多い)。太っている人は、農薬などの毒素の凝縮がされている。それで、私たちは、「脂肪を体内に入れれば、脂肪が解毒してくれる」と考えた。

 

それで、人々が、薬物治療やキレーションセラピーなどの後に私のところに来る。ちなみに、キレーションは有毒だ。脂肪こそが体に与えられたダメージを軽減するものだ。毒素を除去してダメージを軽減する。

 

I:そこから、全脂肪、生脂肪 をとろう、という話になりますね。生乳、クリーム、バター、生チーズ、生の動物性脂肪もよいのですね。

 

ウドーは、圧縮油に詳しいだろう。非常に解毒効果があり90%解毒する。解毒中は体内で安定化しない。しかし、動物性脂肪は特にそうで、クリームもよいが、少し消化しにくい。バターはすべての人間と動物において解毒力が優れている。私自身の食事法では、クリームもよいが、消化しにくい。バターが最良の解毒食物だ。

アージョナスのインタビュー つづく

Related Posts:

低温殺菌、高温殺菌、乳糖不耐性

生乳か低温殺菌か?

 低温殺菌高温殺菌、乳糖不耐性・・

 

I:生の肉を食べたら、菌に侵されて病気になる、という神話があります。これに対して、加熱したタンパク質は、安全なのでしょうか?

 

これについては私の著書(Diet Tribe and Getting well)で説明したが、13年間、生を食べてなんの病気もなかった。私は解毒治療、薬物治療などやっていたが、それについては便、尿、組織検査などで検査の数字が出ている。薬物治療や放射線治療からは多量のヨウ素がはいった。その裏付けは検査機関での証明がある。菌からの病気はなかった

 

医療業界は巨額のもうけがほしい。ロックフェラー、ロスチャイルド、カーネギーなども同じだ。彼らは、ちょうど軍隊のようなプログラムを採用しなければならなかった。軍にいさせるためには、敵に対する恐怖や不安を与えなければならない。攻撃に対する痛みだ。行って同じ人間を攻撃しろ、殺せ。そのために彼らはこちらの宗教に反対しているだの、主義政策に反対しているだの、信じる。たとえそうでも、彼らは何の問題もなく暮らしているのに。。同じようにして菌が自分の体に対して攻撃し、そして病気になると信じさせる。何が怖いのか、といえば、生乳などだという。事実は、生乳でこれ以上健康にならないのに。

 

masai

マサイ族

マサイ族、スー、サムサブルー、エスキモー、すべてについて、生の肉、生の乳を続けていれば病気にかからない。

 

:タンパク質加熱で、体にどのような化学反応がおこるのでしょう?たとえば、殺菌乳で、ホモジナイズされたものはどうなりますか?

 

理論上では、

40°で、酵素が焼ける、それで、組織を作る能力がなくなる、消化できなくなる、

44°まででビタミン類が不安定化する、

50°で、酵素が完全に焼かれ、不安定化し、効力が消され、

50.6~52.8°でビタミンが完全に不安定化、体がどのように努力しても再構築できない、

そして、タンパク質が壊れる。

カルシウムは、生乳と比べると、62.8度を15~30秒保つだけで その50%は排泄される。

現在では132°で超高温加熱をしている。それで、成分は完全に破壊されている。

 

I:乳糖不耐性のある人々が非常に多くいますが、生乳を飲む場合と、殺菌、ホモジナイズされた乳と比べてどう違いますか?

 

殺菌乳の場合、焼灼された乳酸も飲んでいる。消化できないので、血流に行き、細胞にガラスのように切り傷をつくる。アレルギーがある人は粘液を作れない。

 

アージョナスのインタビュー訳つづく

最初から読む

Related Posts:

食中毒は加熱した食品でおこる

臨死、それとも?

 

私には3度の臨死体験があり、レクレーショナルドラッグで倒れた私を蘇生していたとき、幽体離脱もしたが、痛みがまったくない。痛みは肉体とともにおいていくのだ。それと同じ体験だと思った。

 

そして翌日、目が覚めるとまだ寝袋の中で生きている。白いトンネルも、イエスの迎えもない。肉体の中にいる。しかも、かなりよいエネルギーがあり、三日四日と続き、死なない。何も悪いことがおこらない。

インデアンたちはうそをついていなかった。生の肉を食べろと言っていたのは。

 

その後、シマリス、鳥、サソリ、タランチュラなど、罠にかけてなんでも手に入るものは食べた。ただ毒腺だけは除いた。

 

I:そのような話で皆怖がるのです。ものすごく原始的な話になりますから。

 アジアに行けば、日常茶飯事ですよ。

 

I:西洋の理解では、ちゃんとお店で買ったお肉を焼いて、中身が生でも、いいんです。ただ、あなたのように狩りでとったのをそのまま食べるのは、「生」なんです。店で買ったものは半生のステーキでもいいんです。この心理的な違いが人々を怖がらせます。それで、あなたが非常に問題な人だとなってしまう。何が起こっているのでしょう?本能的存在として、それを私たちが処理できなくなったというのは?

 

それはコンディショニングですね。恐怖をもつように教えられている。世界で一番バカなことだ。歴史上、生の食べ物は数多く存在する。ステーキタルタル、生肉、生卵、ドイツ人は他に比べてよく食べる。ステーキタルタル。フランス人も。また、カルパッチョも、完璧な生肉だ。

 

レストランで食べさえすれば、違うんですよ。でも、あなたは、個人的にそれに立ち向かった。

ウサギの次に食べたのは、ガラガラヘビだった。骨が多くて食べにくかった。チキンというより、魚の刺身みたいだった。

 

I:あなたの場合は、そういった環境にいたから、なんでもそこで手に入るものを食べた。それで、どれぐらいの期間で体に力が戻ったのですか?

 

1週間ほどワナをかけたりしたが、それほどとれなかった。体重は43キロだった。そこの農業地帯を自転車でまわった。そこではデーツや柑橘系の栽培が多かったが、その他ブタ、ヤギや家畜、乳牛を飼っていた。それで、農場主たちと話をつけて、乳しぼりをやって生乳を飲ませてもらったりした。また、その他の必要な食物を手に入れた。毎日生乳を1ガロン、バターを1~2本およそ100gほど。チキン、卵、なんでも食べられるものを食べた。そうしながら2か月半で22キロ体重が増えた。そして、縮小シュワルチネッカーみたいになった。人生ではじめて筋肉と言うものを手に入れた。小さいときは太っていたが、糖尿になってからはやせていた。

 

I:もちろん、生の脂肪、生のタンパク質のためでしょうが、同時に労働もしたのですね。そして、短い期間でシュワルチネッカーになった。その後、なにをするようになりましたか?

 

ロサンジェルスに戻り、生肉がすごいとふれまわると、皆に、「とうとう頭がおかしくなった」と言われた。

「まあたしかにそうだったよ~何度もね」と、私。人生のほとんどは頭がおかしかった。22年間。しかし、これほど、健康的で安定的な肉体はこれまで味わったことがないので、確信していた。

 しかし、3年も、「おまえ、頭がおかしい」と言われ続けたので、そうかもしれない。今度病気になったら、そろそろ生肉が私の体をむしばむぞ、とも思った。

 

13年生肉を食べたが、10年間は恐怖だった。しかし、私は迷走神経を切られたのに、生肉を食べ続けて13年間、吐くことも下痢もまったくない。それで、これは変なことが起こっているぞと思った。そこで、全く理解できないので、主要な医学大学へ行き、生肉が本当に寄生虫侵入につながるかの実験、研究を探した。たった1件もなかった。

 

I:細菌やばい菌による中毒で皆恐怖を感じています。生卵、生乳などを飲むと、病気で死ぬといいますが、実際の統計はかなり違うのです。95,6%は、料理した食べ物から中毒はおこりますね。

 

99.999%だ。

アージョナスのインタビュー訳 つづく

最初から読む

 

 

 

Related Posts:

あなたの体の99%は細菌

Aajonus, founder of the Primal Diet

Aajonus, founder of the Primal Diet

 

ボランティアたちは私のために買い物をしたり、必要なものをとって来てくれたりした。また、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて食べさせてくれた。

放射線治療ののち、口の周りの骨が溶けたので歯が全部ぐらぐらした。自分の歯でかむと出血して数時間続いた。それで、週に二回の輸血をした。また、クリスピーライスもよくくれた。砂糖だらけだ。さらに4さじの砂糖をいれた。そうして加工乳が消化できるようにした。

 

ある時、この若い18歳のアフリカ系アメリカ人の少年が生のニンジンジュースと生乳をくれるようになった。私は21歳で、この18歳の若い青年は歌手でお金はたくさんもうけていた。10日ほどニンジンジュースと生乳をのんだら、自閉症が止んだ。もちろん、すぐには全快しない。歯や骨も治るのに2,3年はかかる。

 

また、料理しないものは食べてはいけないと言われていた。バナナもリンゴも蒸して食べた。そうしないと死ぬと言われていた。つまり、ばい菌や寄生虫が入ったら私には胃酸がないので、それらを殺せない。

全部医療界の神話だ。ナンセンスなのだ

 

I:生のジュースや生乳からの生きた酵素で回復にむかったのですね。

 

酵素に、生きているとかいうのはなく、それはタンパク質だ。菌は生きている。

体を見ると、99%が細菌だ。抗生剤を飲むたびに自分の体の細菌を破壊しているのだ。

抗生剤を5日続けると、細菌の1%は死ぬ。それによってあなたの活動や機能が破壊される。10日や何週間も、何年も飲む場合がある。

 

私の母は聞こえが悪く、補聴器をインプラントしていた。ドクターはその期間抗生剤を飲むようにとした。その結果、母は消化できなく、機能できなくなり、死にかけていた。それで、私は彼女にパパイヤをあげて消化をたすけ、それで母は生き返った。実際、母のところへは「さよなら」を言いに行ったのだが。私の息子を生き返らせたのも同じようなことだった。どちらも食べ物であの世から引き戻した。

 

つづく

(多くの病を直し、完全な健康体を作り出す「プライマル・ダイエット」創始者、アージョナスの劇的な半生についてのインタビューの続きです・・)

インタビューを最初から読む

Related Posts:

失読症が10日で治ったある飲み物・・

自閉症、学習障害、ADHD/ADD、識字障害、失読症の周辺は、多くの症状が重なり合っている。

その中での共通点が消化異常だというのがGAPSの考えだが、

スペクトラムの中には、文字が得意でスラスラ読んだり書いたりするケースもあり、また、違うケースもある。

ある、米国の、今となっては優れた栄養専門家となったこの方の場合、

失読症(dyslexia)が、あるものを食べ(飲み)はじめてから10日で治った

という。「治った」話は、とにかく聞かねばならぬ・・・

dyslexia

本を読めないのは識字障害のせい?

ってことで、彼のインタビューからはじまり、著書群を読むようになった。

彼の名はアージョナス。プライマル・ダイエットと呼ばれる健康法の創始者である。

このインタビューの内容をいずれご紹介したいが、・・・それにしても

この人が「飲んだもの」とは一体なんであろう??

 

彼の本やインタビューからつかんだ情報によると・・

「自閉症ではあったが、コンピュータのプログラムを書く訓練を受けて、当時その仕事をしていた。自閉症の他にも子供のころからあらゆる病気に見舞われ、当時、体中が痛く、家の中をはい回って移動した。その頃、二人のボランティアが家に来て助けてくれるようになり、そのうちの一人が、どこかで得た情報で、生乳とニンジンジュース(生)がよいといい、それを飲ませてくれるようになった。それまでは、様々な病気の治療の結果、歯がぼろぼろだったので、うまくかめず、ドーナッツとコーラをブレンダーでまぜて飲んでいた。。

私はとにかく本が読めない人間だった。読もうとして本を見ると、すべてが渦巻いて目が回り、ときには吐き出してしまったほどだった。そして、このボランティアたちのくれた生乳と生ニンジンジュースを飲み始めて、10日後、突然、まったく突然霧が晴れるようにして、本が読めるようになった。・・・ その後、生のものがよいということがわかり、それを勉強するようになった。胃の迷走神経を手術で切っていたので、生のものは食べない様に、と医者にきつく言われていたが、生を食べ始めて、体がよくなり、頭がすっきりしたため、生の食べ物を追及するようになった。」

彼はその後も数々の病気や症状にみまわれるが、そんな中で「人間が本来食べるべきものは何か」を身を以て探し続ける。

一見ちょっと変わった食事法であるが、ガンをはじめ、自閉症も含む様々な症状を治している。

「アハ!」な瞬間が満載の著書は下記。

ウェブサイトは:こちら

参考書はコチラ

Related Posts:

発酵で酵素ゆたかに

サリー・ファロンの講義より

第五の原理

第五の原理は、伝統食において酵素と有益細菌のレベルが高いことについてです。
酵素には三つの基本的タイプがあり、代謝、消化、そして食物に含まれるものです。代謝酵素には1000ほどが発見されており、動き、考え、修復するといったあらゆる化学反応に酵素が必要です。代謝酵素の機能は、解毒です。健康なら厳しい断食など必要ありません。体自体が一日中クリーニングをしつづけています。消化酵素は22あり、すい臓と唾液腺 が作っています。食物酵素は、アミラーゼは炭水化物を消化しリパーゼは脂肪、プロテアーゼはタンパク質を消化するもので、食物に含まれています。これらの文化では食物を発酵させ、酵素豊かにしました。それがあなたの消化を助けるのです。だからこそ発酵食品は力とスタミナを与えるのです。体が自ら何かを作り出して消化するということをしなくてもよいからです。

酵素豊かな食物の例として、生の乳製品があります。ここでも、数多くの酵素があり、殺菌によって破壊されています。生の肉と魚、特に生で時間のたった肉、生のはちみつ、熱帯の果物。りんごやグレープフルーツは酵素はあまり豊かではありませんが、熱帯の果物は酵素ゆたかです。低温圧縮オイル(エクストラバージンオリーブオイル)、最後に乳酸発酵食品、保存のためのものですが、多くの酵素を作り出します。もっとも典型的なものはサワークラウトがあります。乳酸発酵で、ほとんどなんでも発酵できます。サラミもそうです。ヨーグルト、果物、グラブラックス、飲み物も発酵したものがよいのです。

これら発酵食品のもう一つの利点は有益細菌です。最近10年の間にパラダイムシフトがありました。突然気が付いて、人間の腸は無菌ではない、すべてを殺菌しなくてもよい、ばい菌に攻撃されているわけではない、実際微生物たちが腸の裏地としてバイオフィルムを作っていて、このため病気から防護している。免疫系の85%は、このバイオフィルムの作るものです。これらの細菌が食物を消化し、栄養の合成、ビタミンの合成、毒素からの防護、気分がよくなる化合物を作っています。この善玉菌がいなければ、私たちは死にます。

それで私たちは乳酸発酵して各種の調味たれ類をつくりますが、酵素と有益バクテリアを多く含みます。ここに作ってあるのはすべて栄養の伝統の本にあるものです。私はこれをスーパーローフードと呼びます。食事をすべて生にしなくてよいのです。料理したものにこのスーパーローフーズを添えればよいのです。そうすれば私たちに豊潤な酵素と有益バクテリアを提供してくれます。

またソフトドリンクとして乳酸発酵したものを進めています。一つは、コンブーチャ、古き良きルートビア、ジンジャービアも乳酸発酵されたソフトドリンクで、非常に健康的です。現在出回っているソフトドリンクに代わるものを、とみな必死で探しまわっています。これらのものを取り戻したいとおもっています。

栄養の伝統パート2(4)16:00

Related Posts:

  • No Related Posts

生乳のパワー

多くの様々な研究で生乳が非常に健康的であることがわかっています。
 
少しだけ例をあげると、ラットの研究で、生乳を与えたグループでは、よく発達がみられ、毛並みがよく、殺菌乳のラットはB6不足で毛が生えない部分がありました。B6は、殺菌で壊れます。面白いことに、骨を見ると、生乳ラットのものが長く、密度が高いのです。つまり、カルシウムが有効に使われたのです。

モルモットの研究で、骨に使われなかったカルシウムの使われ先を見ました。生乳モルモットは優れた発達があり、異常がなかった。殺菌乳モルモットは、発達が悪く、筋肉が固く、やつれている、一年以内に死亡。解剖では、カルシウムが軟組織、皮膚、関節、心臓その他の臓器に層になっていました。つまり、殺菌すると、カルシウムは同じ量ですが、体は効果的に使うことができないのです。

これもラットですが、生乳ラットは発達がよく、目が澄んでいる、毛並みにつや、そして、性格がよい。研究者に抱っこされるのが大好き。殺菌乳ラットは、発達がまちまち、毛並みが悪い、目つきが悪い、貧血である。ラクトフェリンが破壊されているので、乳の鉄分を吸収できなかったのです。バイタリティの欠如、性格が悪く、研究者を噛む。

殺菌乳から生乳に変えた親からよくきくのは、子供たちの態度行動の変化です。幸福感、学校での集中力、夜によく眠る、よく手伝う、明るくなったということです。前はそうではなかったと。

ヨーロッパの研究で、生乳は、ぜんそくとアレルギーから守る最強のファクターであるということがわかりました。ぜんそくは命を脅かす病です。最大の利益があるのは、1歳までの間に生乳をとったかどうかです。生乳では死にません。ぜんそくで死に至ります。

情報源ですが、ウェブサイトのrealmilk.comでパワーポイントの情報、生乳に反対する意見に対する回答などが得られます。UKでは生乳がブームであるとのことで、大変うれしいです。アメリカでも広告を出しています。みなさんに生乳が手に入る場所をおしえています。インターネットは大変良い情報源です。(10:51)栄養の伝統パート2(3) http://vimeo.com/10502171

Related Posts:

  • No Related Posts

生乳と殺菌乳

生乳には、五つの病原体防御システムがあります。

殺菌すると、これが重大に減少します。超高温殺菌にした場合、これらほとんど全部がなくなります。それが使われているのが乳児用の粉ミルクです。病原体が侵入し、なんの防御もないのです。殺菌された牛乳は問題です。生乳が言われていた以上に危険です。今日それがわかるようになりました。
食物媒介性の病気についてですが、第一は魚と魚介類、鶏肉、卵、ポーク、ビーフ、と続き、殺菌された牛乳でももっと最後の方です。それなのに、なぜこれほどまでに生乳は悪いとされるキャンペーンの対象になったのでしょうか?脅威でも問題でもないのに。すべては、「経済」と関係があり、「公衆衛生」とは関係がないのです。過去30~40年間の殺菌牛乳被害を見ると、3年前、マサチューセッツ州で殺菌乳が原因で3人が死亡。2009年欧州では殺菌されたチーズで6人死亡。しかし、こういったものは新聞の見出しになりません。

母乳には菌がないわけではありません。病原体があります。しかし、驚くべきことに、それは新生児の生涯を決定する免疫系を刺激し、形成します。母乳や生乳で育児中の赤ちゃんを殺菌された環境に置くのはよくないのです。生涯出会うことになる病原体に準備するのです。生乳を飲んでいると、その母親や動物の出会う種類の病原体に対処するものが含まれています。驚くべきシステムです。

こちらが典型的な乳タンパクであるラクトフェリンです。3次元の美しいものです。これらが病原体を殺し、栄養を運び、体内に取り入れますが、殺菌した場合、この分子が壊れてしまい、人体はこれを異物と判断します。このため、多くの人々が殺菌乳や高温殺菌乳でアレルギーや、免疫障害をおこすのです。液体牛乳の消費は毎年1%ずつ減少しています。乳が生なら、人体はこの多くの利益を取り入れます。

生乳は自発的に消化します。生乳の酵素は消化管で活性化し、成分のすべてが吸収されます。それで、生乳は赤ちゃん、老人、損傷した消化系の人、損傷した免疫系の人にとって有益なのです。人体はなんの仕事もしなくてよいのです。一方で殺菌された乳は消化が難しく、体は多くの仕事が必要で、異物と感知されたタンパク質に対処しなければなりません。

Related Posts:

  • No Related Posts