解毒」カテゴリーアーカイブ

大学の研究で腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

デリック・マクフェーブ医師

デリック・マクフェーブ医師

腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

 

 http://scitechdaily.com/study-reveals-link-between-gut-bacteria-and-autism/

 2013年1月29日

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の科学者たちがあるASDのある子供たちの血液中に腸内細菌叢と自閉症のつながりを示す血液マーカーを発見した。

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の研究者による最近の臨床研究で示された結果で、あるユニークな血液マーカーが存在し、今後、自閉症と腸関連の環境要因の理解につながるとしている。この発見により、この症状の早期検査や症状が出る前の検査が可能となるとも考えられる。

 

(アーカンソー州リトルロックのアーカンソー子供病院研究所)リチャード・フライ医師とステパン・メリンク医師と、ウェスタン大学のデリック・マクフェーブ医師は、自閉症児の大きなサブグループに異常なエネルギー代謝の証拠を発見した。これは、マクフェーブとそのチームによる10年間の先立つ生物学的発見とも一貫するもので、さらに、この代謝異常が遺伝要因のみならず、自閉症の人の腸内で増加するある細菌属タイプの産生する混合物が要因であることをさらに証明するものである。

 

「特有アシル・カルニチン・プロフィールは、自閉症スペクトラム障害における後天的ミトコンドリア疾患のバイオマーカーだ」と題した論文が同僚医療行為査定下にあるオープンアクセス誌であるトランスレーショナル精神医学に掲載された。

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある多くの人の生理的異常は、脳のみに限らず、その他、免疫系、エネルギー生成、解毒、消化系を含むその他の体内システムもからんでいることが、最近の証拠の示唆しているものだ。これらの異常は、細胞のエネルギー生成にかかわるミトコンドリア機能不全によるものだろう。

 

「自閉症スペクトラム障害は88人に1人にまで増加している症状です」とマクフェーブは言う。「また、その数字は増加傾向にある。多くは消化と代謝の問題があるが、それがどのようにASD行動と症状の増加に関連するのかはまだはっきりしていない。」

 

この研究で213人のASDのある子供の中で17%の子供に、アシル・カルニチンと呼ばれる脂肪代謝とその他、グルタチオン減少のような異常な細胞エネルギー機能を表わす特有の血液マーカーパターンが示された。「ある患者たちにおける自閉症が、ASDに関連のある腸内細菌の産生するプロピオン酸への環境的暴露から、ミトコンドリア機能と脂肪代謝の変異が起こったことが要因であることを示している。」とマクフェーブは語る。

 

マクフェーブは、2003年にマクフェーブと、グッドライフフィットネス創始者でCEOのデヴィッド・パッチェル・エヴァンズの共同で設立したカイリー・パッチェル・エヴァンズ 自閉症研究グループの所長である。パッチェル・エヴァンスは、この学際的研究チームの創設者であり、現在も主要な支援者である。

 

Publication: R. E. Frye, S. Melnyk and D. F. MacFabe, “Unique acyl-carnitine profiles are potential biomarkers for acquired mitochondrial disease in autism spectrum disorder,” Translational Psychiatry (2013) 3, e220; doi:10.1038/tp.2012.143

Source: University of Western Ontario

だいたい翻訳byTomoko

Related Posts:

  • No Related Posts

毎朝カフェイン飲んでる?

生バターによる驚くべきヒーリング

 

生バター

一度も加熱処理されていない生のバターが治す

脳神経などへの働きはクリームはバターほどではない。生バターが最もすぐれている。

私の食事法では、バターを特に強調している。これを第一に取らねばならない。

 

I:あなただけではなく、サリーファロンなどがいます。多くの研究があります。

 

しかし、まだ細菌恐怖症から抜け切れない。まず生肉を冷凍しろ、という。バターを冷凍しろ、など。牛乳を冷凍しろとは言ってないからましだが。

しかし、私の行った動物実験で、冷凍していた肉を与えた群には皮膚病が現れた。

続きを読む

Related Posts:

食物―生脂肪での解毒

脳の3分の2は脂肪

脳の3分の2は脂肪

 生の脂肪で行う解毒治療

 

乳糖不耐性の人には生乳をすすめていますね。

 

(生乳で)99%の人が不耐性がなくなる。1%の人は、古い乳糖が体内に残っていて、・・それで、私は毎日2~4オンスの生乳を1か月飲んでもらう。そうすると1%の人々も不耐性がなくなる。

 

I:ある文化、ある民族、あるいは、アジア人は特に乳糖に不耐性があるという説がありますが、例えばその原因は、牛たちがそこの穀物を多く与えられたりして遺伝子的に異なるのか、ということですが、どうでしょうね。

 

それはまた「うそ」だろうね。インドでは肉を食べないが牛の乳は飲食する。しかし、牛乳が唯一の公害をとめる解決方法なのである。ミルクには凝縮したミネラルがある。それで、中和される。ワクチンや汚染などが中和されてミルクに出てくるので、生乳を飲ませたくないのだろう。だから嘘をついている。私の患者はシンガポール、タイ、フィリピン、ベトナムに多くいるが、彼らはちゃんと治っていく。シンガポールで主要な中国語新聞が私の提唱する食事法についてフロントページに載せた。以前は痩せて骨ばった中国人たちが、今は頑丈な筋肉をつけた。シンガポールの中国人については皆効果があった。彼らは喜んでいる。

 

I:それはおもしろいですね。ウドー・エラスムスをご存じですか?彼の場合、ヒッピーでガーデニングをしていて農薬をいっぱい使い生えたものを食べて病気になりました。また、農薬をまいた土地をはだしで歩いていたのです。彼も何かの本で、脂肪こそが解毒の力があると読んだのです。

 

まず基本的な理解のためには組織を分析する。たとえば、脳の研究では60,70、80%が脂肪だ。「あなたは脂肪が多いですね!」と言われるのは、お世辞と同じだ。骨髄も(脂肪が多い)。太っている人は、農薬などの毒素の凝縮がされている。それで、私たちは、「脂肪を体内に入れれば、脂肪が解毒してくれる」と考えた。

 

それで、人々が、薬物治療やキレーションセラピーなどの後に私のところに来る。ちなみに、キレーションは有毒だ。脂肪こそが体に与えられたダメージを軽減するものだ。毒素を除去してダメージを軽減する。

 

I:そこから、全脂肪、生脂肪 をとろう、という話になりますね。生乳、クリーム、バター、生チーズ、生の動物性脂肪もよいのですね。

 

ウドーは、圧縮油に詳しいだろう。非常に解毒効果があり90%解毒する。解毒中は体内で安定化しない。しかし、動物性脂肪は特にそうで、クリームもよいが、少し消化しにくい。バターはすべての人間と動物において解毒力が優れている。私自身の食事法では、クリームもよいが、消化しにくい。バターが最良の解毒食物だ。

アージョナスのインタビュー つづく

Related Posts:

解毒を助ける

 
 何かネガティブな反応、(例えば、ダイオフ、悪玉菌個体激減減少、後退現象、メンケン反応etc。訳者注) があるということは,
  
食事法が効いているという意味にとらえていいのですか?
 

 N:ある意味ではそうです。
  
それは解毒の作用です。自然療法家、ホメオパス、その他の自然療法のドクターたちはこれについてよく知っています。
  
子供について言えば、この反応をコントロール下(耐えられる限度下)に置くことが重要です。

対処法としては、  

続きを読む

Related Posts:

自閉症における有益細菌のはたらき

D: 発酵食品は何千年の昔から食べられていますが、今は、それを自分で作らなくなっています。
「おばあちゃんが作っていたけど、健康にはいいらしいけど、自分では作らない」と言います。それを取り戻さねばなりません。
これらは、非常に重要です。生命力にあふれた細菌たちの生きた力が必要なのです。有益細菌の実際の数は知りませんが、とにかく、おびただしい数の有益細菌があり、テニスコートを覆うほどだといいます。
N: 腸管を平面に広げると、テニスコート大になります。このコートがバクテリアの厚い層で覆われています。ここに2キロに及ぶバクテリアがいます
これら有益細菌が健康な人には住んでいるのです。人体の細胞よりも数倍多い細胞数です。
遺伝的物質も人の体全体より多く、この遺伝的物質は非常にパワフルです。これが人体の遺伝的物質と交互作用し、話し合い、遺伝子の表現に影響します。これがあなたの遺伝子のにかかわります。 
人間は、創造(出現)以来、有益細菌を取り入れてきました。
水を川や井戸から飲みました。土壌細菌などの細菌でいっぱいです。彼らはタンニンとフミン酸をだします。これらが私たちがミネラル吸収の自然な方法です。フミン酸は、土壌からの無機質型の金属をキレートします。それはまた、植物が吸収する方法でもあります。 
私たちは、水道水を飲むようになりました。水道水は塩素を加えて消毒されていて、これらのバクテリアがいません。世界の国々で水道水が導入された直後に虫垂炎の大流行がありました。それがロシア、英国、欧州の国々、シンガポール、中国で記録に残っています。飲み水の塩素消毒が始まると、虫垂炎の大流行が始まるのです。重要なものが飲み水から除去されたからです。塩素がバクテリアを破壊するのです。 
人々は発酵食品をよくとっていました。それが自然な保存法でした。穀類、肉、魚、野菜、乳など地上の食べ物はほとんど全部を発酵しました。このように人々は常に食事から非常に多くの生きた有益細菌を取り入れていたのです。私たちには必要です。体はそれを必要とするように設計されています。 
ただ、ほとんどの市販のプロバイオテックサプリは、健康な人が健康を維持するために作られています。健康に違いをもたらす目的で作られていません。自閉症の子供たちは、介入量、治療量のプロバイオテックが必要です。しかも、様々な異なるバクテリアが含まれ、治療に十分な量を含んでいなければなりません。私がクリニックで使っているものは、バイオクルトという製品ですが、このようなプロバイオテックは、ダイオフ反応を起こします。
有益細菌が病原体細菌を殺し、死ぬときに毒素を多く出します。このような毒素のためにこの子供は自閉症の症状が出るのです。それで、この大量の介入量のプロバイオテックを消化管に導入すると、ダイオフ反応が起こり、症状が一時的に悪化します。
それで、プロバイオテックの導入は、ごく少量からはじめ、徐々に治療量の投与量に近づけていきます。そして、そのまま、数か月量を維持します。病原体を一掃し有益細菌と取り換えるには長い期間がかかります。 
D: 私たちのボディ・エコロジー・ダイエットには、7つの原理があり、その中の一つで、浄化作用というものがあります。
私たちが自閉症とかかわるようになって数年たちますが、学び始めのころのお母さん方には、この、浄化作用についてよく教えねばなりませんでした。つまり、健康へと向かい始める時、体にエネルギーがわくようになる前、最初に体がやることは、毒素を出すことなのです。まず毒素を出さなければ、健康にはならないからです。毒素が血流に出て、皮膚や、発熱などで出ますが、その症状をみたお母さんが、「この食事は効いていない、食事を変えても、子供が変わらない、突然子供が調子を崩した」と言うことを言われます。
まず理解してもらうことは、体はまず自ら浄化するということ。それからよくなるというのが、この体の創造と設計において行われることです。そのため、毒素を出しますが、その時快適ではないのです。
数年間のかかわりのなかで、お母さんがカギであることがわかりました。この子供がよくなると信じ、そのために浄化していると信じ、発熱や、インフルエンザのような症状になったり、疲れがひどい、機嫌が悪いなどのことを耐え忍ぶのです。これが過ぎ去れば子供がよくなると信じるのです。母親が正しいことをやっていて、状況が悪くなっても、それを過ぎれば治る方向に向かうのです。 
たとえば、ヤングココナッツジュースのケフィア発酵ドリンクですが、飲み始めて1~2週間の中で、子供の便が非常に臭くなるというのです。しかし、それが過ぎ去ると、子供が前にできなかったことができるようになったとおっしゃいます。アイコンタクトや、社会性、発語などがあったと。体にあらゆる毒があったわけです。子供たちは毒素を出した後、治っていくのが大人に比べて速いのです。それで、なるべく早い時期に始めるのがよいのです。理想的には一人も自閉症になる子供がいないのがよいのですが、私たちはそのために予防する手立てを知っています。幼い子供なら非常に速く治すことができ、少し大きくなった子供でも、もちろん改善できます。 
パート(4)

Related Posts:

自閉症のカギは腸内に

N:この治療は消化管に集中せねばなりません。自閉症の子供で、消化管に問題、症状のない子供には出会った事がありません。有益細菌たちは、消化管のハウスキーパーです。彼らは消化管のすべての表面を覆っています。侵入者、病原体細菌、毒素など環境から入るものたちから守り、また、食物が来ると、栄養素に変換します。彼らは父であり、母であり、消化管の裏地、腸の統合性を担当するハウスキーパーであり、食物を適切に消化吸収させる働きをします。

 

実際、母親の細菌叢もこわれていて、子供自身正常なものを受け継いでおらず、抗生剤でせっかく持っていた有益細菌を一掃したり、予防接種などで有益細菌を壊したりしたために、有益細菌がそこにいないなら、子供の腸は栄養素の源となるはずが、これでは、毒素の主要な源となっています。

 

自閉症を治すためには、治療は腸に集中し、その機能をとりもどし、病原体を一掃し、正常な細菌を復活させ、腸の裏地を治さねばなりません。それで、食事法が治療の成功如何を80~90%左右します。

 

人間の消化管は、長いチューブです。ここに影響するものが健康に影響します。なぜ胃腸科の医者たちはそれを理解しないのでしょうか?それで、食事法がナンバーワンの重要な介入法です。

 

これまで、カゼイン・グルテン除去法が自閉症のナンバーワンの治療法でしたが、これは、数多くの毒素の中のたった二つを解決しようとするものです。ケイセノモルフィンとグルテオモルフィンです。

しかし、ほかにも数多くの毒素があるのです。腸に発生し、血流に流出し、子供の脳へと入っていきます。そのすべての毒素について解決されねばなりません。

cfgfダイエットではそのすべてを解決できません。それで、異なる食事法があります。

続きを読む

Related Posts:

生ジュースで解毒

サプリを多くとることについてはあまり勧めません。食品からとり、ピルからとらないようにと言っています。これが私の患者にあげるミニマムなリストです。三つありますが、大体は食品と同じです。

1. 効果的プロバイオテック。

2. タラの肝油には、ビタミンAとD、必須脂肪酸が豊富です。

3. 魚油は識字障害、運動障害に良いという研究があります。

 

しかし、てんかんのある場合に限り、必須脂肪酸はあげないように警告しています。プリムローズオイル、魚油、肝油は、時にてんかんを引き起こします。なぜなのかわかっていません。解毒なのか、脳の再構築なのか、毒素の関係なのか、わかりません。それで、彼らには、効果的プロバイオテックと、少量のタラ肝油で十分です。発作が制御下になるまで、あまりサプリはあげません。マルチビタミン、ミネラルアミノ酸はオプショナルです。

基本的には、食事法、プロバイオテック、肝油、魚油、で充分です。

消化酵素はやはりオプショナルです。異常細菌叢の人は十分な胃酸がないため、腸に産生された毒素が胃酸の生成を妨害するからですが、それで、塩酸塩とペプシンが有益な人も多いのです。あるいは、ベタイン塩酸塩です。ある人にはすい臓酵素も免疫に有益です。しかし、その人に個別でどのくらいが適当かわかりません。

 

解毒

解毒は重要な部分です。そして、自然の方法での解毒がよいです。(自家製で絞る)生ジュースは、副作用のない、時代を超えて有効性がわかっている解毒法です。エプソム塩、海塩、リンゴ酢を入れたお風呂も有効で、また、毒素に触れないことが重要です。

Related Posts:

肝臓への打撃

腸壁が損傷しているとどうなるのでしょうか?腸壁が有益細菌に守られておらず、また、病原体微生物に毒素攻撃されているため、その統合性が退化しています。腸細胞が退化し、きつい接着面が開いて、部分消化の食物を通してしまい、それが食物アレルギーや、食物不耐性をおこし、損傷した腸は毒素や微生物を血流へながし、体全体に毒素がまわり、免疫系は自己免疫を増します。

血流へ食物などからとりいれたものが流れ出すのですが、それが最初に行きつくのは、肝臓です。水溶性の栄養・毒素 と少しの脂肪の道のり、脂溶性の栄養・毒素の道のりがありますが、水溶性の方は、まず肝臓へ行き、本来なら肝臓がうまく解毒し、栄養を使っていろいろな物質を作り出します。すばらしい働きですが、まだ肝臓のことは完全にはわかっていません。肝臓は非常に複雑で驚くべき臓器です。そして、肝臓で集められた血液はすべて右の心臓にいき、心臓は、それを直接肺へと送り込みます。つまり、肺は第二の解毒臓器です。それが水溶性栄養・毒素の通る道です。では、脂溶性栄養・毒素の通る道はどうでしょうか?それは脂肪の小塊として吸収されますが、直接血流へ行かず、リンパへ行きます。リンパは集めた脂質をリンパ管を通して直接右の心臓へ運びます。肝臓は通りません。それで、脂溶性栄養素・毒素を解毒する第一の臓器は肺です。それで、肺は、脂溶性の毒素が最初にあたる部分です。

それでは、肝臓で何が起こるかについてみていきます。GAPS症状のある人の場合です。腸から腸壁を通して毒素が川のように血流へと流れ出します。毒素、不消化の食物、微生物などが第一の港である肝臓へと行きます。肝臓はもちろん、それほど多くのものに対処できません。それだけのものを処理するようにできていません。それで、腸がダメージを受けたら、かなり早い段階で肝臓はブロックされます。肝臓で交通渋滞です。あらゆる種類の毒素が次々に入ってきて対処できないのです。これも、あれも、流れてくる、対処できない、それで、たくさんの物質が対処できず、対処できないまま肝臓を通っていかざるを得ません。環境からの毒素には、重金属、フェノール、ペトロケミカル、接着剤、農業関連の農薬、パーソナルケア製品、洗剤、可逆剤などなどがありますが、これらのものは、皮膚から入ります。皮膚にモイスチャライジングクリームを塗り、デオドラント、染髪、マスカラ、シャンプー、リンス・・・これら化学製品で、皮膚や頭皮や口などに使うものは、化学物質が入っていて、それが数秒以内には血流に入ります。最初の港はやはり肝臓です。肝臓は腸からの毒素のみならず、そういった環境からの毒素も対処しなければなりません。

人生ずっと沢山の化粧品を使ってきた人でも、腸内細菌叢が損傷した途端、もうマスカラは使えなくなります。突然マスカラにアレルギーとなるのです。それか、その他のものに。

また、体自身の代謝も対処できなくなります。神経伝達物質というものがあります。これは、脳神経同士の伝達の際に必要なのですが、その多くの役割を果たし終えれば、肝臓へ送られ、分解され、リサイクルされます。しかし、肝臓がブロックされてしまうと、それが未分解なまま、体のあちこちで見つかります。それがたくさんある人、少しある人があり、分子形成が変わってしまった物質などもあります。もちろん、これが神経系に問題を起こします。精神異常、神経の異常、心理的問題、そういったあらゆる問題となります。このように、腸が病むと、肝臓機能が病みます。つまり、腸内細菌叢が異常だと、肝臓もブロックされているということです。≫つづく

Related Posts: