生活上のヒント」カテゴリーアーカイブ

農薬汚染と発達障害のつながり

発達障害の急増の原因

発達障害の急増の原因

 

15人に1人!発達障害児急増のウラに農薬汚染

このようなタイトルで記事がありましたので、ご紹介します。

下記参照

こちらの記事

このような記事が、ハッキリと日本語で紹介されているのを、私は初めて見ましたが、

皆様はいかがですか?

 

他にも、GMO(遺伝子組み換え作物)の問題もありますので、是非食べ物を選ぶときは、しっかり選んでください!

Related Posts:

フッ素コーティング器具とファストフードの包み紙についているもの・・・

ファストフードのラッピングに含まれるもの

ファストフードのラッピングに含まれるもの

フッ素コーティング器具以外でも注意が必要・・

 

ハンバーガーなどのファストフードのラッピングに使われている包装紙についているコーティング材についての研究によると、

あれは実は危険物質らしい

(参考:ドクター・マコーラのサイトより)

 

 

ペルフルオロアルキルは、油、脂、水を通さない安定した合成化学物質で、包装の表面保護処理とコーティグなどに使用されている。

 

この度研究対象となったのはペルフルオロアルキルリン酸エステル(PAP)で、食品包装に使われるフッ素置換されたカルボン酸の分解生成物である。

 

ファストフードが健康に良くないことはすでにご承知だろうが、その包み紙も有毒であることを知れば、食べてはいけない理由がまた一つ増える。

 

気付かないうちにあなたや家族がペルフルオロアルキルと呼ばれる危険クラスの化学物質に常にさらされている。この物質はペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)を含んでいる。

続きを読む

Related Posts:

脳卒中インジケーター・・・脳卒中の兆候を知り、一刻も早く治療を

血管がつまって卒中がおきる

血管がつまって卒中がおきる

脳卒中のサイン

発達障害とは直接関係ないようですが、なにかと集まることも多い季節・・ 健康と病気についてのヒントをお伝えします。(在英のフェースブックの友からの情報です。)

 

脳卒中の兆候を知る新しい方法!

この情報を10人に教えれば、一人の命を救えるとのことです。

 

 血のかたまり・脳卒中 - 第四のインジケーターは舌: 

 

バーベキューをしていたある女性が躓いてころんだが、皆には「大丈夫よ」(皆は救急救命士をよぼうかと言った)「新しい靴だから置いてあったレンガに躓いただけよ」と言った。皆は、汚れたのできれいにして新しいプレートをあげた。少し震えたようにも見えたが、夕方ジェーンはその後楽しんで過ごした。

 

ジェーンの夫の話によると、その後彼女は病院に運ばれ、午後6時に死亡した。バーベキューで脳卒中が起こっていたのである。脳卒中のサインを知っていたら、多分ジェーンは今も生きていただろう。死亡しないケースもあるが そのかわり不自由な状態になる。

 

これを読むだけなら1分ですむ! 脳神経学者がいうには、卒中から3時間以内なら完全に治すことができる。この方法によると、卒中をすぐさま確認、診断し、医療ケアを3時間以内に行うというものだ。

  続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

発達障害の周辺には何がある?

 

発達障害かどうかだけ見ていればいいのだろうか?

 

最近、必ずと言っていいほど出てくる話題が、発達障害とその周辺にあるその他の障害名でよばれる症状たちだ。

 

統合失調症かしら?という、いわゆる「わからない時には、全部そっちのカテゴリーに入れよう」的なもので呼ばれたりする、そのなんだかわからないけど、ご家族を含めて、通常の平穏な生活ができないタイプの子供や大人がいる。

 

なんでも、彼らの親や家族によると、共通するのが小さいころから、「たしかにちょっと変だった。」「ふつうと違っていた」ということである。しかし、診察や診断をすすめられるにまではいたらなかったり、すすめられても、親は「うちの子は個性が強いだけで大丈夫」だと思い、発達障害を疑ったり、検査や診察にはいかなかった。また、行ったとしても、案外「様子見」だったりしたのかもしれない。

  続きを読む

Related Posts:

生ジュースで解毒

サプリを多くとることについてはあまり勧めません。食品からとり、ピルからとらないようにと言っています。これが私の患者にあげるミニマムなリストです。三つありますが、大体は食品と同じです。

1. 効果的プロバイオテック。

2. タラの肝油には、ビタミンAとD、必須脂肪酸が豊富です。

3. 魚油は識字障害、運動障害に良いという研究があります。

 

しかし、てんかんのある場合に限り、必須脂肪酸はあげないように警告しています。プリムローズオイル、魚油、肝油は、時にてんかんを引き起こします。なぜなのかわかっていません。解毒なのか、脳の再構築なのか、毒素の関係なのか、わかりません。それで、彼らには、効果的プロバイオテックと、少量のタラ肝油で十分です。発作が制御下になるまで、あまりサプリはあげません。マルチビタミン、ミネラルアミノ酸はオプショナルです。

基本的には、食事法、プロバイオテック、肝油、魚油、で充分です。

消化酵素はやはりオプショナルです。異常細菌叢の人は十分な胃酸がないため、腸に産生された毒素が胃酸の生成を妨害するからですが、それで、塩酸塩とペプシンが有益な人も多いのです。あるいは、ベタイン塩酸塩です。ある人にはすい臓酵素も免疫に有益です。しかし、その人に個別でどのくらいが適当かわかりません。

 

解毒

解毒は重要な部分です。そして、自然の方法での解毒がよいです。(自家製で絞る)生ジュースは、副作用のない、時代を超えて有効性がわかっている解毒法です。エプソム塩、海塩、リンゴ酢を入れたお風呂も有効で、また、毒素に触れないことが重要です。

Related Posts: