環境要因」カテゴリーアーカイブ

大学の研究で腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

デリック・マクフェーブ医師

デリック・マクフェーブ医師

腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

 

 http://scitechdaily.com/study-reveals-link-between-gut-bacteria-and-autism/

 2013年1月29日

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の科学者たちがあるASDのある子供たちの血液中に腸内細菌叢と自閉症のつながりを示す血液マーカーを発見した。

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の研究者による最近の臨床研究で示された結果で、あるユニークな血液マーカーが存在し、今後、自閉症と腸関連の環境要因の理解につながるとしている。この発見により、この症状の早期検査や症状が出る前の検査が可能となるとも考えられる。

 

(アーカンソー州リトルロックのアーカンソー子供病院研究所)リチャード・フライ医師とステパン・メリンク医師と、ウェスタン大学のデリック・マクフェーブ医師は、自閉症児の大きなサブグループに異常なエネルギー代謝の証拠を発見した。これは、マクフェーブとそのチームによる10年間の先立つ生物学的発見とも一貫するもので、さらに、この代謝異常が遺伝要因のみならず、自閉症の人の腸内で増加するある細菌属タイプの産生する混合物が要因であることをさらに証明するものである。

 

「特有アシル・カルニチン・プロフィールは、自閉症スペクトラム障害における後天的ミトコンドリア疾患のバイオマーカーだ」と題した論文が同僚医療行為査定下にあるオープンアクセス誌であるトランスレーショナル精神医学に掲載された。

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある多くの人の生理的異常は、脳のみに限らず、その他、免疫系、エネルギー生成、解毒、消化系を含むその他の体内システムもからんでいることが、最近の証拠の示唆しているものだ。これらの異常は、細胞のエネルギー生成にかかわるミトコンドリア機能不全によるものだろう。

 

「自閉症スペクトラム障害は88人に1人にまで増加している症状です」とマクフェーブは言う。「また、その数字は増加傾向にある。多くは消化と代謝の問題があるが、それがどのようにASD行動と症状の増加に関連するのかはまだはっきりしていない。」

 

この研究で213人のASDのある子供の中で17%の子供に、アシル・カルニチンと呼ばれる脂肪代謝とその他、グルタチオン減少のような異常な細胞エネルギー機能を表わす特有の血液マーカーパターンが示された。「ある患者たちにおける自閉症が、ASDに関連のある腸内細菌の産生するプロピオン酸への環境的暴露から、ミトコンドリア機能と脂肪代謝の変異が起こったことが要因であることを示している。」とマクフェーブは語る。

 

マクフェーブは、2003年にマクフェーブと、グッドライフフィットネス創始者でCEOのデヴィッド・パッチェル・エヴァンズの共同で設立したカイリー・パッチェル・エヴァンズ 自閉症研究グループの所長である。パッチェル・エヴァンスは、この学際的研究チームの創設者であり、現在も主要な支援者である。

 

Publication: R. E. Frye, S. Melnyk and D. F. MacFabe, “Unique acyl-carnitine profiles are potential biomarkers for acquired mitochondrial disease in autism spectrum disorder,” Translational Psychiatry (2013) 3, e220; doi:10.1038/tp.2012.143

Source: University of Western Ontario

だいたい翻訳byTomoko

Related Posts:

  • No Related Posts

農薬汚染と発達障害のつながり

発達障害の急増の原因

発達障害の急増の原因

 

15人に1人!発達障害児急増のウラに農薬汚染

このようなタイトルで記事がありましたので、ご紹介します。

下記参照

こちらの記事

このような記事が、ハッキリと日本語で紹介されているのを、私は初めて見ましたが、

皆様はいかがですか?

 

他にも、GMO(遺伝子組み換え作物)の問題もありますので、是非食べ物を選ぶときは、しっかり選んでください!

Related Posts:

フッ素コーティング器具とファストフードの包み紙についているもの・・・

ファストフードのラッピングに含まれるもの

ファストフードのラッピングに含まれるもの

フッ素コーティング器具以外でも注意が必要・・

 

ハンバーガーなどのファストフードのラッピングに使われている包装紙についているコーティング材についての研究によると、

あれは実は危険物質らしい

(参考:ドクター・マコーラのサイトより)

 

 

ペルフルオロアルキルは、油、脂、水を通さない安定した合成化学物質で、包装の表面保護処理とコーティグなどに使用されている。

 

この度研究対象となったのはペルフルオロアルキルリン酸エステル(PAP)で、食品包装に使われるフッ素置換されたカルボン酸の分解生成物である。

 

ファストフードが健康に良くないことはすでにご承知だろうが、その包み紙も有毒であることを知れば、食べてはいけない理由がまた一つ増える。

 

気付かないうちにあなたや家族がペルフルオロアルキルと呼ばれる危険クラスの化学物質に常にさらされている。この物質はペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)を含んでいる。

続きを読む

Related Posts:

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

発達障害の周辺には何がある?

 

発達障害かどうかだけ見ていればいいのだろうか?

 

最近、必ずと言っていいほど出てくる話題が、発達障害とその周辺にあるその他の障害名でよばれる症状たちだ。

 

統合失調症かしら?という、いわゆる「わからない時には、全部そっちのカテゴリーに入れよう」的なもので呼ばれたりする、そのなんだかわからないけど、ご家族を含めて、通常の平穏な生活ができないタイプの子供や大人がいる。

 

なんでも、彼らの親や家族によると、共通するのが小さいころから、「たしかにちょっと変だった。」「ふつうと違っていた」ということである。しかし、診察や診断をすすめられるにまではいたらなかったり、すすめられても、親は「うちの子は個性が強いだけで大丈夫」だと思い、発達障害を疑ったり、検査や診察にはいかなかった。また、行ったとしても、案外「様子見」だったりしたのかもしれない。

  続きを読む

Related Posts:

解毒を助ける

 
 何かネガティブな反応、(例えば、ダイオフ、悪玉菌個体激減減少、後退現象、メンケン反応etc。訳者注) があるということは,
  
食事法が効いているという意味にとらえていいのですか?
 

 N:ある意味ではそうです。
  
それは解毒の作用です。自然療法家、ホメオパス、その他の自然療法のドクターたちはこれについてよく知っています。
  
子供について言えば、この反応をコントロール下(耐えられる限度下)に置くことが重要です。

対処法としては、  

続きを読む

Related Posts:

発達障害と細菌感染(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

発達障害と細菌感染

(Dr.ナターシャとドナ・ゲーツのインタビュー)

YouTube Preview Image

GAPS™のナターシャ先生と、BEDROK のドナ・ゲーツのインタビュー(2007年8月にアップロード)以下に訳をおいておきます。

 D:私はドナ・ゲーツで、「ボディ・エコロジー・ダイエット」の著者です。 

Donna Gates

 私たちは、自閉症の子供たちのための、BEDROK (Body Ecology Diet Recovering Our Kids) という食事療法プログラムを行っていて、その中心は発酵食品です。

親御さんたちに発酵食品を患者さんの腸に導入する手助けをしています。その理由は、りっぱなバクテリアを腸に入れることで、健康に有益です。有益細菌が数ポンド必要で、この子供たちにはそれがありません。それが、自閉症の原因だと思います。それで子供たちに健康を取り戻してもらうプログラムです。

 

 

N:私はナターシャ・キャンベル・マクブライドで、医師(神経科、栄養科)です。イギリスのケンブリッジに住んでいます。生まれはロシアです。  

Dr. Natasha

私は、自閉症の子供たちをクリニックでみています。もう、何年もたち、かなりの数の子供たちをみました。私の息子は3歳で重度の自閉症の診断をされ、現在12歳で、完全に治り、普通学校で非常によくやっています。スポーツをやり、友達がいます。 
さて、自閉症は、消化管で始まっていると思います。最初は、細菌叢のダメージから始まります。消化管に住む大量の細菌は2kgにもおよびます。高度に組織された細菌世界です。 続きを読む

Related Posts:

生ジュースで解毒

サプリを多くとることについてはあまり勧めません。食品からとり、ピルからとらないようにと言っています。これが私の患者にあげるミニマムなリストです。三つありますが、大体は食品と同じです。

1. 効果的プロバイオテック。

2. タラの肝油には、ビタミンAとD、必須脂肪酸が豊富です。

3. 魚油は識字障害、運動障害に良いという研究があります。

 

しかし、てんかんのある場合に限り、必須脂肪酸はあげないように警告しています。プリムローズオイル、魚油、肝油は、時にてんかんを引き起こします。なぜなのかわかっていません。解毒なのか、脳の再構築なのか、毒素の関係なのか、わかりません。それで、彼らには、効果的プロバイオテックと、少量のタラ肝油で十分です。発作が制御下になるまで、あまりサプリはあげません。マルチビタミン、ミネラルアミノ酸はオプショナルです。

基本的には、食事法、プロバイオテック、肝油、魚油、で充分です。

消化酵素はやはりオプショナルです。異常細菌叢の人は十分な胃酸がないため、腸に産生された毒素が胃酸の生成を妨害するからですが、それで、塩酸塩とペプシンが有益な人も多いのです。あるいは、ベタイン塩酸塩です。ある人にはすい臓酵素も免疫に有益です。しかし、その人に個別でどのくらいが適当かわかりません。

 

解毒

解毒は重要な部分です。そして、自然の方法での解毒がよいです。(自家製で絞る)生ジュースは、副作用のない、時代を超えて有効性がわかっている解毒法です。エプソム塩、海塩、リンゴ酢を入れたお風呂も有効で、また、毒素に触れないことが重要です。

Related Posts: