牧草飼育」カテゴリーアーカイブ

放し飼いの卵


本当に放し飼いにされた鶏の卵とそうでないスーパーの卵には非常に大きな差があります。

 

ビタミンDは8倍、ビタミンAは2倍です。オーガニックと書いてあれば、その間です。バターも、牧草飼育のものと牛舎飼育のものとは色が違い、ときどき着色料が入っていますが、ふつうは白いのが牛舎のもの。牧草飼育バターの黄色いのはビタミンAのサインです。10から13倍のビタミンA、3倍のビタミンDがあります。また、ラードの場合、放牧のものには従来のものの12倍のビタミンDが入っています。100ユニットのビタミンDが大匙1杯に含まれています。これでビタミンD問題は解決です。また、生チーズはすばらしい完全食であり、農夫たちの第一の利益源です。これらのコレステロールと脂肪いっぱいのチーズを怖がらないでください。

脳も臓器であり、栄養が必要です。脳に栄養を与えるものは体にも栄養を与えます。赤ちゃんに特に必要なのは、卵黄とレバーです。動物性食物に含まれる特別なものは亜鉛で、脳の発達に必要です。

 

栄養濃密な食物は果物と野菜だと政府は言います。果物と野菜は食事に使うのは素敵ですが、肉や内臓に比べて栄養濃密ではありません。葉酸、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCは、りんごやニンジンよりもレバーに多く含まれます。B6とB12は非常に重要なものです。経済が厳しくて肉をあまり食べられないなら、レバーを月に一回とれば、赤身の肉を毎日とるのと同じだけB6とB12をとることができます。果物と野菜についての私たちの観点は、よい脂肪の乗り物としてです。バター、クリーム、ラードをのせると素晴らしく栄養濃密になります。
パート2へつづく

栄養の伝統(10)

 

Related Posts:

トランスフォーマー

栄養の伝統(9) 

Wise Traditions 2010 講演訳つづき

私たちが強調しているのは、牧草飼育の動物です。雌牛は聖なる動物です。彼女は、ステップアップしたトランスフォーマーです。私たちでは消化できない草を食べ、ビタミンA、Kに転換してくれ、日光を取り入れてビタミンDに転換してくれ、そこから作ったバターや内臓肉として私たちは取り入れます。だから、それらを食べるとき、彼女を仰ぎ見るのです。

こちらは、放し飼いの鶏のモデルです。通常、畜産農場では鶏小屋を移動可能にしてあり、牛がいた1日後の場所に移動させます。そのため牛のタンパク質をとりいれられます。

「効率」産業的牛舎のモデルでは、「利益」が優先で、多くの牛が屋根の下でひしめいていますが、動物たちに残酷であるばかりではなく、私たちにも残酷です。産業的農業が始まり、私たちにとって最も重要な栄養素が食物から消えました。これでもオーガニックと銘打たれています。放し飼い、外に自由に出れる、と。この納屋のどこかに小さなドアでもあるのでしょうが、怖くて出られないでしょう。

Related Posts:

  • No Related Posts

超健康人の食物

栄養の伝統(1)

ウェストン・A・プライスは、1920年代30年代にオハイオ州クリーブランドで歯科医をしていたが、常に、疑問があった。
その第一は、「私の患者たちは、なぜ皆病気なのか?」
この問いに対する答えを探すため、彼はナショナル・ジオグラフィックのカメラマンであった甥を連れて、世界の奥地と呼ばれる場所に旅に出る。 まだ道路の通っていないスイスの村。狭い山道を通りたどり着いたその村で、「あなたがたが文明を必要とする何倍も、文明はあなた方を必要としている」と説得し、研究への協力を得た。そこに集まった人々40数人の中に、虫歯のある人は一人であった。彼らはもちろん歯磨きの習慣はない。あごががっしりしていて、歯がまっすぐに生えている。頬骨が高い。体格がよい。スイスの国内競技でも上位に入る人々がいる。女性は美人だ。

ヨーロッパ全土で結核が健康問題の第一位だった時代、この地域で結核になった人はいない。

彼の第二の問いは、「健康な歯、健康体を持つ人々は何を食べているのか?」

それは、当時結核の原因とされていたローミルク(生乳)、それからつくったロー(生)バター、生クリーム、生チーズだ。夏場に作ったライムギでサワードウを作り、典型的な昼食は、サワードウブレッドに二倍分厚い生チーズスライス。世界的にも、健康なことで知られる民族は、穀物と生乳を食べている。また、週に一回ほどは動物もまるごと食べる。脂肪、内臓、すべて無駄にしない。夏場には野菜もあるが、年間を通して、穀物と生乳が彼らの主食である。

彼は常に対照実験として、その村に近いところにあり、道路が通り、現代化された村に行き、同じような研究をする。この近隣の現代化された村では、38%が虫歯。そして、現代食をとった親の子供は顔の輪郭がせまく、あごの骨格がせまくなっている。

虫歯や歯並びが悪い。つまり、道路が通った時から、店ができ、彼らは加工食品を食べ始めたのだ。プライス博士が呼ぶところの、中身はからっぽだが、伝統食を追い出す食べ物だ。また、結核も大きな問題となっていた。

次に行ったのは、アイルランドの海に浮かぶ孤島。ゲール族の人々である。彼らも現代社会とは無縁で、健康そのものな人々。動物はいないので、肉も卵も乳製品も食べない。果物も野菜もない。ブロッコリもない。彼らの食事はシーフードだった。すべてが海で取れるもの。唯一の野菜は、海草。島ではオート麦がとれたので、それを使って料理した。

プライス博士の発見では、これら健康な村には、ある聖なる食物が必ずある。子供を作る前の男女、妊娠した女性、出産して授乳している女性、成長期にある子供がそれを食べることが重要だとされている。現代では完全に忘れられていることだが、子供を産み育てるためにはさらに追加すべき栄養があることを彼らは知っている。いつも食べているものや、一日分として許されている量のほかにである。しかも、ちょっぴり多くではなく、たっぷり多くである。

スイスの村では、それは特別なバターであった。牛が放牧に出されて最初にだす乳で、オレンジ色をしており、実際、これを供え、祈りをささげるという儀式もあった。

海に浮かぶゲール族の村では、タラの頭にオート麦とタラの肝をつめたもの。これが子供たちの朝食である。

次に行ったのはあるアラスカの村で、村人たちは体の剛健さで知られている。幅広く美しい顔の輪郭、歯列の異常がない、子供は強くたくましく、好奇心旺盛、めったに泣かない。栄養の良い子供は泣かないのだ。そこでは過去30年間、結核や関節炎、癌など手術が必要な病がなかった。歯を調べるとよくかけた歯があった。彼らは獣の皮を噛み切り、砂の付いた穀物を噛むが、そんなかけた歯も虫歯になっていない。彼らをプリミティブ(未開人)と呼ぶが、プライス博士は、心からの尊敬をこめて呼ぶ。彼らが私たちに与えてくれるものはあまりにも多い。彼らに学ばなければ、現代人は文明とともに死ぬだろうと言う。彼はまた、のちに加工食品を食べるような文明を村々にもたらした宣教師たちに対してある意味批判的になり、「自分はこの村で教えてもらった食べ方を文明人に伝える宣教師として来た」といった。

現代化されたアラスカ人は現代食を食べ始め、歯列が悪くなり、虫歯が増えた。歯医者のいないところでは、どんなに大変だっただろう。歯が悪くなることで、食物を噛みすぎたり、噛まなさすぎたりして、取り入れるべき栄養を取ることができず、それが多くの病気につながった。

未開のアラスカ人、エスキモーたちの主食は、アザラシの脂肪で、料理やドレッシング、食品の保存に使い、誕生日にはホイップしてベリー類を乗せてお祝いした。この食事のカロリーの85%は脂肪で、高脂肪食。彼らは小さい野鳥はよく食べた。海の哺乳類、陸の哺乳類、唯一のきまりは、赤身の肉を絶対食べないということ。赤みは乾燥させて、脂肪を塗って食べた。これが私たちの発見だ。未開の人々は皮を取った鶏の胸肉を絶対食べない。あるいは、赤みだけの厚い牛肉も。こういうものを食べると病気になることを知っている。また、魚を発酵させて食べる。この発酵というものが、どの文化にもあり、力やスタミナを与えてくれる。アラスカ人にとっての聖なる食物は、魚卵で、それを日干しにする。「どうしてこのようにして食べますか?」と聞くと、「子供を作るのに必要です」という。つまり、子供を産み育てるのに特別な栄養が必要だと知っている。妊娠前、妊娠中、出産と子育てに不可欠なのだ。

こちらの写真はフロリダ周辺にいたインデアンの人々で、プライス博士は、ほかの民族が流入する前にここに尋ねることができた。この写真をみると、高貴な顔立ち。みな王子や王女のようだ。栄養良好で、遺伝子の表せる最高の表情を出すことができる。

体を家や寺院にたとえるなら、どの建物にも青写真がある。それが遺伝子やDNAというもので、創造主からの贈り物。私は遺伝子異常というものはそもそもないと思う。私たちには完璧な青写真がある。その青写真が最高に表に出してあらわされるかどうかは、その建設に使われる資材によって決まってくる。どんなに設計図がよくても、安っぽい資材、少ない資材しか使えないなら、設計図通りのものはできない。小さめになったり、狭くしたりせざるを得ない。この右上の族長の姫とおなじ系列のこちらの写真の人は、両親が食事を変えた後に生まれた。設計図は同じだが、資材が違う。顔の幅が狭く、歯が生えるスペースが狭い。これは、体のあちこちに損傷がくるというサイン。

「歯を見ればすべてがわかる」という表があります。歯がまっすぐに生える骨格には脳下垂体、松果体、視床下部が入る。ここが衝動制御の場所。今日、衝動制御のない子供が増えている。頭幅が狭く、栄養状態が悪いと、この内側の臓器が損なわれる。 歯がまっすぐな人は体の骨格がしっかりとして、よい筋肉で、視力、聴力がよい。心臓、すい臓、肺などの内臓がよく形成される。肺の表面が広いと、病気に抵抗力が大きい。そして、脳も。よく神経がつながりやすい。学習がよくできる。学習のつながりやすさと感情のつながりやすさは関連がある。脳には「気分がよくなる」化学物質のレセプターがあり、マリワナ、アヘン、などと似たもので、健康な人は、一日中、気分が自然ハイである。そして、完璧な割合で存在するので、副作用がない。この薬物に中毒になる人々は、そういう化学物質がないので、少なくとも瞬間的にでも、あるべき「幸福感」をなんとかして得ようとする。

歯がまっすぐの人は、骨盤の開きが大きく、赤ちゃんの頭が通れる。帝王切開の必要がない。私は帝王切開に反対するわけではない。ほとんどの場合、これが必要な手立てだろう。これがなければ、出産が非常に危険なものとなる。

まとめると、歯列が込み合って歪んでいる場合、骨格もゆがみ、聴覚、視覚がそこなわれ、運動機能もうまくはたらかない。臓器もうまくはたらかない。そこにうつ病や精神病がともなってくる。脳も臓器であり、栄養が必要。骨盤の開きが小さく、出産が危険となる。

つづく

 

栄養ではぐくむ伝統食 (1)
http://vimeo.com/14089342サリー・ファロン・モレル のスピーチより(パート1-1) (写真は講義に使われたものと同じではありません)

ワイズ・トラディションズ会議 2010年 UK

Related Posts: