ウェストンプライス(WAPF)」カテゴリーアーカイブ

自閉症、ダウン症、き弱X症、アルツハイマーの人への大豆の危険性

今回は、日ごろ慣れ親しんでいる大豆食品についてのショッキングなレポートです。

味噌や醤油など、発酵させたものはどうなのか??という疑問もなきにしもあらずですが、

最近の自閉症食では、cfgfsf と、soy-free も入れるようになってきていますし、しばらくは除去しておくのがよさそうです。。

では、少し長くなりますが、下記の記事の訳をつけておきますね~

出典:http://www.psychologytoday.com/blog/naughty-nutrition/201210/soy-and-seizures-0

 

大豆とてんかん発作。

アルツハイマー、ダウン症、き弱X症、自閉症の人への危険性。

2012/10/10

ケイラ・T・ダニエル博士(Ph.D., C.C.N.)

“Psychology Today”の「やっかいな栄養」(Naughty Nutrition)記事

 

脳で起こる電気的反応に影響?

脳で起こる電気的反応に影響?

大豆の摂り過ぎがADD/ADHD、うつ、心配性、痴呆その他の健康問題に関連付けられてから久しい。(1) 今回、てんかん発作も悪化させるらしいことがわかってきている

続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

毎朝カフェイン飲んでる?

生バターによる驚くべきヒーリング

 

生バター

一度も加熱処理されていない生のバターが治す

脳神経などへの働きはクリームはバターほどではない。生バターが最もすぐれている。

私の食事法では、バターを特に強調している。これを第一に取らねばならない。

 

I:あなただけではなく、サリーファロンなどがいます。多くの研究があります。

 

しかし、まだ細菌恐怖症から抜け切れない。まず生肉を冷凍しろ、という。バターを冷凍しろ、など。牛乳を冷凍しろとは言ってないからましだが。

しかし、私の行った動物実験で、冷凍していた肉を与えた群には皮膚病が現れた。

続きを読む

Related Posts:

食べ物は民族の骨格さえ変える

運勢のいい骨相? 

 

えらがはっていたり、耳が大きかったり。お金がよってくるとか、社長になる器とかいうのがわかるらしい。

さて、栄養学的に見たら・・・

欧米で著作や講演を活発に行って、「真の栄養食」を教育しているウェストン・A・プライス財団という団体がある。

GAPSの提唱者であるナターシャ先生もよく呼ばれて講演をしているのだが、2010年にイギリスで行われた講演のビデオが出回っており、それを見て、「なるほろ!」と思ったので、ここでも紹介しておく。

ウェストン・プライス博士によると、その人の健康状態を、歯並びや顔の骨格でみることができる。

プライス博士は、1920年代~30年代の歯科医であるが、医学的にそれを研究、発見した。彼は、自分の歯科クリニックに来る人々を見て、「なぜ彼らは歯のみならず、全身的に不健康なのだろう」と疑問をもち、世界中の「健康」と言われる人々を調査した。体が頑強で健康な人々の住む集落、部族を、実際その足で訪ねて回ったのである。

彼は、プロの写真家であった甥を伴い、まだ文明との接触の少ない地域と、地理的に近くにはあるが、道路が通り、文明が入った地域で同じ調査をして比較検討した。彼らは何を食べ、どんな骨格をしているのだろう?

世界のあらゆる「未開」と呼ばれる地、そして、健康、頑丈な体、精神的安定、幸福度などをキーワードにして、研究、調査を重ねた。もちろん、歯科医であったので、歯並びが第一の健康のサインととらえた。

 

彼の研究によると、大きな道路が通り、「文明」と接するようになり、近代化された白人の食べ物を食べ始めると、二代、三代を経て、顔が細くなり、歯並びが悪くなり、体全体が貧弱になっていく。

ウェストン・プライス博士の研究をもとに、「真の」健康食は何かと問い、米英を中心に、広く講演教育活動をこなっているのがウェストン・A・プライス財団である。

 

2010年に行われた、サリー・ファロン会長の講演のスピーチを訳してまとめた資料がありますので、ほしい方は、下のボックスから資料請求してください。♡

「完全な健康食11の原理」 です

“[widgets_on_pages]”

 

写真が多いので、ファイルが多くなってしまいました・・

上記は印刷用に使ってください。

 

 

Related Posts:

細菌叢がビタミンをつくる

細菌がビタミンを作る!

 

ビタミン産生も細菌叢の機能の中で非常に重要なものです。食物を消化吸収するのみならず、彼らはあらゆる種類のビタミンを作り出しています。これらは食物から容易に取り出すことができないものです。

 

ビタミンB群は細菌叢が創ります。私たちの腸内細菌がビタミンB群の源です。B1,B2,B3,B6,B12など、それからビオチン、その他多くの自然物質です。K2の主要な源は私たち特有の腸内細菌叢です。腸内細菌叢がよく機能し、無欠であれば、これらのビタミンを作ってくれるのです。自然がこのように作られているのです。(参考:http://es-ful.com/esheal/vm.html

ほとんどのビタミンは水溶性で体内に長くとどまりません。これらのビタミンが豊富な食事をしたりサプリをとったりしても体内に長くとどまりません。そして、それが流出して行ってしまえば、もうその瞬間ビタミン欠乏症です。またこれらのビタミンは、私たちの生存に常に必要なものです。それで、自然はどのように対処してくれているのでしょう?

完璧な解決策があります。体内に自分の工場があるのです。私たちの消化系に。そこが常に適切なたくさんの量のビタミンその他の活性物質を製造しているのです。そして、血流に常にたくさんの量を送り込んでいるのです。寝ていても起きていても、食べていても、断食していても、強制収容所にいて食べ物がなくても、体内工場がよく機能し、よく働いているなら、B12、K2、その他の栄養素を製造しているのです。

redrose

腸内細菌叢が貧血を予防

それで、この腸内細菌叢をなくすとき、我々は顔色が悪くなり、貧血になります。ビタミンB欠乏になるからです。私のクリニック、そしてほかの多くの医者の発見によると、私たちが何の貧血治療をしても、その人は顔色が悪く、検査しても貧血なのです。腸内細菌叢を回復しない限りです。腸内細菌叢こそがビタミンB群の源泉なのです。

解毒についてはさきほどお話ししました。細菌が有毒物質、発がん性物質をキレートし、排出します。そして、免疫系です。これが細菌叢の巨大な機能です。≫つづく

 

Related Posts:

サリー・ファロン

ここまでご紹介してきた(栄養の伝統)シリーズは、「ワイズトラディションズUK会議2010」におけるサリー・ファロンの講演をまとめたものです。
 
サリー・ファロンは、ウェストン・A・プライス財団の会長で、有名な著書Nourishing Traditions の著者です。
 
彼女と財団の提唱するウェストン・A・プライス式の食事法は、このブログでメインに紹介しているGAPS食事法と同じではありませんが、消化異常、その他の病気のない健康な方は、この方式での食事を続けることで、栄養豊かな人生、頑強な子孫を産み育てられそうです!
 

Related Posts:

  • No Related Posts

妊娠・出産・育児の栄養は特別

多くの人が慢性疲労に苦しんでいます。この解決は、消化を簡単にすることです。消化が簡単になるほどエネルギーが活動に残されます。発酵させて体外で消化をすませること、よく水に浸して処理すること、ゼラチン豊富なものを食べること。それが慢性疲労の解決です。
 

第11の原理は、伝統的食事法は未来世代のために特例を設けていました。

第一に、子供を作る前から妊娠中、発達中の子供に対して、非常に栄養豊かな食事をあげていました。

第二に、スペースをあけること。これは大変すばらしい習慣です。南太平洋やアフリカでは、毎年子供を作ることは大変悪いこと、罪深いとされました。それで、あらゆる方法でスペースを空ける努力をしました。自然の避妊や、アフリカでは、子供が二歳になるまでは特別なネックレスをして、「今は妊娠ダメ」と示していました。それで夫はほかの妻と関係をもちました。

第三に、若者に正しい食事を教えました。これは現代では行っていません。特に若い女性がベジタリアンであることがかっこいいとされています。そして大豆食品と野菜、ダイエットシュガーをたべています。そのため、悲劇以上のことが起こっています。これを修正するのにこれから何年もかかるでしょう。

こちらのフィジーの女性は長い長い距離を歩き、身ごもっている子供のために特別なカニを取りに行きました。

妊娠中の女性に対する栄養はもっと強調されねばなりません。
このアメリカ美人の妹は15か月後に生まれ、やはり美人です。
しかし、顔の三等分した真ん中の部分が未発達です。狭いです。歯のパレットが狭い。母親が妊娠の間に十分な間をとらず、栄養ステータスの回復と構築がなかったのです。子供だけではなく母親の健康、家族全体の健康がかかっています。子供の感情的な問題もあります。

この兄弟は生まれた間は3年です。
また、生後栄養高密の食事をし、肝油をとり、バターを食べました。3年あけたので、母親が回復し、父親も回復したでしょうか・・・たぶん。下に生まれた子供も同じだけの愛情を得て、また上の子供の嫉妬心などもあるでしょうが、どの子どもも最適の発達が約束されねばなりません。

私たちには多くの情報リソースがあります。プライス博士は、「とにかく教えて、教えて、教えるのだ」と言われました。伝統人たちは本能とインスピレーションに従いました。私たちは、科学、知識、教育を使うのです。それで、多くの教育教材をそろえています。まず、パンフレットで、非常に大切な情報がのっています。会員になると、季刊誌をお送りします。あちらのテーブルにはその他の情報があります。私たち全部が教師になるのです。また、ジャーナルがあります。健康な赤ちゃん、心臓病のもの、これはウェブサイトでも提供しています。ウェブサイトがあり、買い物かごをつけました。ニュートレンド出版から本も出ています。このセミナーのDVDもあり、より多くの情報が入っています。5時間半ものです。「Oiling Americaアメリカオイル漬け」の本ではコレステロール神話について載せました。また、プライス博士の本もお読みください。

まとめますと、伝統的な健康食では、農業漁業畜産から、料理法、保存法まで、あらゆるものが栄養を最大限に引き出し、取り入れることができていました現代では、食品の栽培、料理法、保存法すべてで栄養は最小限しかとれなくなっています。そして、現代では健康の危機があります。その解決は一つです。妊娠からの栄養に気を付けることです。

Related Posts:

  • No Related Posts

オメガ6,3、塩

Sally fallon 2-4  Wise Traditions 2010 講演訳 

第8の原理:オメガ6とオメガ3脂肪酸が同量である。

こちらは、未開地の伝統食と現代食の中のオメガ6と3の割合です。現代食では、オメガ6が非常に多いのです。これは現代の植物油のとりすぎからきています。平飼いの鶏の卵はオメガ6と3がほぼ同量です。しかし、多段ケージの鶏舎飼いの卵はオメガ6が非常に高く、20:1です。天然の魚と養殖の魚もこのような違いになります。この不均衡の解決のためには、植物油をとらないこととともに、少量の亜麻仁油をサラダにつかうと、それがオメガ3を供給します。また、オーガニックの動物脂肪をとるとよいです。

続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

植物油のもたらす災難

多価不飽和脂肪の研究は多くなされています。

これは損傷した動脈です。これにより、心臓病、ガン、老化、免疫異常、脳の発達阻害がおき、特に繁殖機能と肺に悪いのです。
これらの産業は飽和脂肪を悪魔化するキャンペーンをはりました。動脈の閉塞、ガンの原因、炎症など、なんでも飽和脂肪のせいにしました。そして、これは完全に間違いです。

飽和脂肪は体に非常に重要です。食物からとらなければ、体がつくります。炭水化物から。それで低脂肪食の人は炭水化物にかじりついて飽和脂肪をつくるのです。粘膜、骨、心臓、肝臓も飽和脂肪が必要です。肺は飽和脂肪なしには機能しません。腎臓、免疫、必須脂肪酸、解毒のために必要です。

ヨーロッパでの研究で、飽和脂肪摂取が最少の国では心臓病が多く、飽和脂肪摂取が最大の国では心臓病の羅漢率が低いです

未開地の食事では、多価不飽和脂肪としてはカロリーの4%でしたが、現代食では20%以上です。これが巨大な災難をもたらしています。

これらの植物油を今度はマーガリンやショートニングなどの固形物とするために部分水添という工程を通ります。複雑な添加と漂白の工程をへて最後にピュアーな植物マーガリンができます。そして、大々的な宣伝広告をします。原料は非常に安価だからです。

液体の多価不飽和脂肪は、体のあちこちで制御できない反応をおこします。個体の多価不飽和脂肪は、体内の化学反応を阻害します。酵素やレセプターを阻害します。動物性脂肪を避けて、部分水添された(トランス)植物性脂肪をとると、結果は、生化学的混沌です。あなたの体では、動脈硬化、心臓病、ガンなどができているかもしれません。またホルモンのはたらきも阻害します。
アメリカの政府はついにトランス脂肪は悪いと言い始めました。飽和脂肪と同じぐらい悪い、というのです。実際は正反対の結果なのですが、まだ教育が必要です。スーパーの棚を見ると、バターのおいてある棚はせまく、あとは全部マーガリンやその他のトランス脂肪です。加工食品すべてにはこのトランス脂肪が含まれています。

バターの良い点ですが、牧草飼育のバターにはより大きな利点があります。ビタミンA,E,D,ミネラル、などなど。スーパーの普通のバターにも良いことが多くあります。(39:44)

Related Posts:

  • No Related Posts

植物性油のもつ危険性

第7の原理

 

伝統食に使われていた脂肪の量についてですが、様々なばらつきがあります。30%と、あまり脂肪をとらなかった文化もあり、エスキモーのように80%が脂肪であった地域もあります。

私は若いとき低血糖を患いました。血糖値が低かったのですが、その治癒は多くの脂肪をとることによるものでした。しかし、多価不飽和脂肪酸はとりませんでした。わずか4%が多価不飽和脂肪酸でした。現代食と正反対です。  

脂肪の種類について申し上げますと、飽和脂肪は室温で個体、オリーブオイルなどの単価飽和脂肪は室温で液体、冷蔵庫で個体。多価不飽和脂肪は、冷蔵庫でも液体で、現代の植物油にあたります。こちらは飽和脂肪の分子です。

・・・ここでのポイントは、飽和脂肪と単価飽和脂肪は加熱しても変わりません。害がありません。長持ちします。安定しています。多価不飽和脂肪は不安定です。空気や熱に触れると、遊離基が体に多くの損害をもたらします

下図は、加工油のフローチャートです。種子植物から油をとると、真っ黒で、匂いが強く、非常に汚いかんじです。それで、巨大産業の工場で、高温、化学物質で、漂白され、匂いをとり、出てくるものは、きれいに見える液体です。少し黄色をつけて、バターを思わせるようになっています。これには多くの遊離基がはいり、有毒です。遊離基はナイフのようなものです。体に損傷を与えます。非常に反応が激しく、体中で思わぬ反応をおこします。(栄養の伝統パート2(9))

 

Related Posts:

  • No Related Posts

大豆の大問題

 

soybased meal

大豆製品

大豆はマメ科です。マメ科の問題は毒素を多く含みます

大豆の問題は、これらの毒素を出すのが非常に難しいということです。

そして、次のようなものが大豆の中に非常に高いレベルで含まれています。

フィチン酸(ミネラルの吸収を阻止)。

プロテアーゼ(タンパク質の消化を阻害)、イソフラボン(エストロゲン様で甲状腺の問題、内分泌阻害)、

レクチン、マンガン(赤ちゃんの粉ミルクでの大きな問題。乳児に有毒で、脳に有害。自閉症と同じ症状になる。また、粉ミルクはコレステロールが入っていない。乳児にはコレステロールが必要。)

シュウ酸塩などです。

 

伝統文化で大豆を用いたやり方と現代の大豆製品との違いは、伝統的には発酵して少量を食べたのですが、現代では高度に加工されたものを大量にとります。特にベジタリアンはこれを大量にとります。どんなに強調してもしすぎることがありませんが、これらは偽物の食品です。工場でしか作られず、自分では作れません。よく包装され、本物のような形をしています。このような食品に似せた物質を取り入れたくありません。

アジアで大豆は必ず食べる食品という神話があります。しかし、アジアでは少量を食べるのであり、日本食の必食は魚で、中華料理の必食は豚です。

 

大豆を食べさせた動物の問題

 

soyfed chicken

大豆ミールを食べる鶏

多くの種類の動物で、不妊、甲状腺の病、肝臓障害がみられます。しかし、米国の大豆食品の推進者たちは、顔色一つ変えず、「人間にはこういった問題を起こさない」と言います。私は起こすことを知っています。

 

それでは、豆乳と真の牛乳のどちらがよいですか?真の牛乳は自然の与えた完全食で、豆乳には合成されたビタミンD2、乳化剤、高レベルのエストロゲン、その他多くの反栄養素が含まれています。
乳児用粉ミルクに関しては完全にひどい状態で、乳児はこのエストロゲンをアジアでの通常摂取量の10倍とっています。スイスの推論では、毎日4~10錠の妊娠抑制薬を飲むのと同等であるとしています。これに加えて多くの反栄養素を生後すぐの非常に壊れやすい期間に飲ませています。さらに、アルミニウムとフッ素も多く含まれています。
よい情報源として”The Whole Soy Story” という本があります。その他、私たちのウェブサイトwestonprice.orgに多くの情報源があります。

サリーファソン講演(2010年ワイズトラディション会議ロンドン)より

Related Posts: