子供の食事を変えた7つのヒント

さて、我が家の場合は、(夫以外の)全員で食事を変えてきたわけですが、

その過程で実際に役立ったヒントをここにお伝えしておきますね!サンライズのと重複するのもあるのですが、何かヒントになれば幸いです。

 

1.家の中から「はずすべき食品」を一掃する。または、一つずつ除く。

まずは、加工食品、カレーのもと、シチューのもと、中華のもと・・・など、「もと」類。固形スープ、小麦粉、殺菌乳などなど)

2.たべられる「おいしいもの」と取り換える

子供がそれを欲しがったら、探してみて、「あら、ないわ。ごめんね。」と、さらりとかわし、それに代わるおいしいものをあげる。たとえば、キャンディの代わりに果物、砂糖の代わりにハチミツ・・・ アイスクリームの代わりに、ハチミツたっぷりのヨーグルトなど。ポテトチップスの代わりに、レタスのオリーブオイルかけ(これ、おいしいよ)

 

3.諦めやすいものから徐々にはずしていく

子供があきらめやすいもの、代替もやはりおいしい、というものから導入し、難しいものは後回しにする。

 

4.食べてよいもので好きそうなものを食べさせておなか一杯にする。

食べてよいものの中で子供が好きそうなものを多めにあげて、抜きたいもの(ごはんやパスタなど)をあまり食べられないようにする。お肉、魚系は、どんな料理法でもおいしく、スープはわりとおなか一杯になります。

 

5.食べてほしいものを食べてくれたら、誠心誠意ほめる!

おいしいね~本当においしいね~!食べられてよかったね~などなど ほめる。皆様の方がお上手かと・・

 

6.食べていけないものを食べてしまっても、特に反応しない。

(ローマは一日にしてならず・・)反応は少なければ少ないほどよい。

 

7.子供が(泣き叫んで)抵抗したら、しばらく、ほとぼりがさめるまで静かに待つ

おさまってきたら、「あれは、体によくないから、もう食べないようにしようね。」と説明する。またぎゃ~となったら、またほとぼりがさめるまで待つ・・の繰り返し。これを繰り返すうちに、ぎゃ~ と訴えても効き目がないことがわかり、やる頻度がだんだん減る。

 

いかがですか~??何かヒントになりましたか?コメントや質問をよろしくお願いしますね!

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です