日本における遺伝子組み換え作物の実態

広がる遺伝子組み換え作物・身近に迫る環境と食物への影響

と題したyoutube video を見つけました。

この前のブログでも書いたように、「日本ではどのようになっているの??」と

疑問に思っておりましたが、このビデオをみると大体の(詳しくかな?)状況が把握できます。

どうぞご参考までに~

「日本人が一番食べてる」

とおっしゃっています・・

とはいえ、

日本にもちゃんと(?)自分たちの身の安全、食の安全を考える人がいてよかった!

(つか、知らんかった・・)

Related Posts:

アニメで学ぶGMO(遺伝子組み換え作物)

YouTube Preview Image
うまく表示できない場合は、こちら

 

遺伝子組み換え作物についても、常日頃から気になっておりますが、上記のようなビデオを日本語字幕付きで紹介しておられる方がおられ、「便利~」・・てなことで、ご紹介します。

 

日本では食品によく「非遺伝子組み換えの・・」と表示がありますが、

それがないものはすべて遺伝子組み換えの、ものなんでしょうかね?

たぶんね。

しかし、家畜のえさについての表示は義務付けられていないはず。(私はホームページなどで、エサや育て方についても、じっくり読んでから選択するように心がけています。特に何も書いていない場合は、ボツです)

 

上記のyouTube ビデオを配信しておられるJessica0701さんは、このGMOの専門家である ジェフリー・スミスのビデオをいくつか字幕で手掛けておられるので、時間のある時にぜひチェックしてみてくださることをお勧めします。

 

(まだ日本語になっていない)ジェフリー・スミスの「遺伝子ルーレット」(Genetic Roulette) というドキュメンタリービデオを見ると、GMOの恐ろしさがよくわかります。。

遺伝子ルーレット

とにかく、殺虫効果のある作物ができ、実は、それを食べた人間にも健康被害がおこり、その多くの被害の中のひとつとして、消化管も破損し、漏れやすくなる。

 

これが自閉症の人の消化管に特徴的な「腸漏れ」を引き起こす要因(のひとつ)と考えることができるかと。。

 

その他、アレルギーなどの要因にもなっています。

自閉症発現が外的要因であり、後天的要因であることを考えるひとつの(大きな)ヒントだと思います。

Related Posts:

大学の研究で腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

デリック・マクフェーブ医師

デリック・マクフェーブ医師

腸内細菌と自閉症のつながりが明らかに

 

 http://scitechdaily.com/study-reveals-link-between-gut-bacteria-and-autism/

 2013年1月29日

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の科学者たちがあるASDのある子供たちの血液中に腸内細菌叢と自閉症のつながりを示す血液マーカーを発見した。

 

ウェスタン大学とアーカンソー大学の研究者による最近の臨床研究で示された結果で、あるユニークな血液マーカーが存在し、今後、自閉症と腸関連の環境要因の理解につながるとしている。この発見により、この症状の早期検査や症状が出る前の検査が可能となるとも考えられる。

 

(アーカンソー州リトルロックのアーカンソー子供病院研究所)リチャード・フライ医師とステパン・メリンク医師と、ウェスタン大学のデリック・マクフェーブ医師は、自閉症児の大きなサブグループに異常なエネルギー代謝の証拠を発見した。これは、マクフェーブとそのチームによる10年間の先立つ生物学的発見とも一貫するもので、さらに、この代謝異常が遺伝要因のみならず、自閉症の人の腸内で増加するある細菌属タイプの産生する混合物が要因であることをさらに証明するものである。

 

「特有アシル・カルニチン・プロフィールは、自閉症スペクトラム障害における後天的ミトコンドリア疾患のバイオマーカーだ」と題した論文が同僚医療行為査定下にあるオープンアクセス誌であるトランスレーショナル精神医学に掲載された。

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある多くの人の生理的異常は、脳のみに限らず、その他、免疫系、エネルギー生成、解毒、消化系を含むその他の体内システムもからんでいることが、最近の証拠の示唆しているものだ。これらの異常は、細胞のエネルギー生成にかかわるミトコンドリア機能不全によるものだろう。

 

「自閉症スペクトラム障害は88人に1人にまで増加している症状です」とマクフェーブは言う。「また、その数字は増加傾向にある。多くは消化と代謝の問題があるが、それがどのようにASD行動と症状の増加に関連するのかはまだはっきりしていない。」

 

この研究で213人のASDのある子供の中で17%の子供に、アシル・カルニチンと呼ばれる脂肪代謝とその他、グルタチオン減少のような異常な細胞エネルギー機能を表わす特有の血液マーカーパターンが示された。「ある患者たちにおける自閉症が、ASDに関連のある腸内細菌の産生するプロピオン酸への環境的暴露から、ミトコンドリア機能と脂肪代謝の変異が起こったことが要因であることを示している。」とマクフェーブは語る。

 

マクフェーブは、2003年にマクフェーブと、グッドライフフィットネス創始者でCEOのデヴィッド・パッチェル・エヴァンズの共同で設立したカイリー・パッチェル・エヴァンズ 自閉症研究グループの所長である。パッチェル・エヴァンスは、この学際的研究チームの創設者であり、現在も主要な支援者である。

 

Publication: R. E. Frye, S. Melnyk and D. F. MacFabe, “Unique acyl-carnitine profiles are potential biomarkers for acquired mitochondrial disease in autism spectrum disorder,” Translational Psychiatry (2013) 3, e220; doi:10.1038/tp.2012.143

Source: University of Western Ontario

だいたい翻訳byTomoko

Related Posts:

  • No Related Posts

農薬汚染と発達障害のつながり

発達障害の急増の原因

発達障害の急増の原因

 

15人に1人!発達障害児急増のウラに農薬汚染

このようなタイトルで記事がありましたので、ご紹介します。

下記参照

こちらの記事

このような記事が、ハッキリと日本語で紹介されているのを、私は初めて見ましたが、

皆様はいかがですか?

 

他にも、GMO(遺伝子組み換え作物)の問題もありますので、是非食べ物を選ぶときは、しっかり選んでください!

Related Posts:

フッ素コーティング器具とファストフードの包み紙についているもの・・・

ファストフードのラッピングに含まれるもの

ファストフードのラッピングに含まれるもの

フッ素コーティング器具以外でも注意が必要・・

 

ハンバーガーなどのファストフードのラッピングに使われている包装紙についているコーティング材についての研究によると、

あれは実は危険物質らしい

(参考:ドクター・マコーラのサイトより)

 

 

ペルフルオロアルキルは、油、脂、水を通さない安定した合成化学物質で、包装の表面保護処理とコーティグなどに使用されている。

 

この度研究対象となったのはペルフルオロアルキルリン酸エステル(PAP)で、食品包装に使われるフッ素置換されたカルボン酸の分解生成物である。

 

ファストフードが健康に良くないことはすでにご承知だろうが、その包み紙も有毒であることを知れば、食べてはいけない理由がまた一つ増える。

 

気付かないうちにあなたや家族がペルフルオロアルキルと呼ばれる危険クラスの化学物質に常にさらされている。この物質はペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)を含んでいる。

続きを読む

Related Posts:

脳卒中インジケーター・・・脳卒中の兆候を知り、一刻も早く治療を

血管がつまって卒中がおきる

血管がつまって卒中がおきる

脳卒中のサイン

発達障害とは直接関係ないようですが、なにかと集まることも多い季節・・ 健康と病気についてのヒントをお伝えします。(在英のフェースブックの友からの情報です。)

 

脳卒中の兆候を知る新しい方法!

この情報を10人に教えれば、一人の命を救えるとのことです。

 

 血のかたまり・脳卒中 - 第四のインジケーターは舌: 

 

バーベキューをしていたある女性が躓いてころんだが、皆には「大丈夫よ」(皆は救急救命士をよぼうかと言った)「新しい靴だから置いてあったレンガに躓いただけよ」と言った。皆は、汚れたのできれいにして新しいプレートをあげた。少し震えたようにも見えたが、夕方ジェーンはその後楽しんで過ごした。

 

ジェーンの夫の話によると、その後彼女は病院に運ばれ、午後6時に死亡した。バーベキューで脳卒中が起こっていたのである。脳卒中のサインを知っていたら、多分ジェーンは今も生きていただろう。死亡しないケースもあるが そのかわり不自由な状態になる。

 

これを読むだけなら1分ですむ! 脳神経学者がいうには、卒中から3時間以内なら完全に治すことができる。この方法によると、卒中をすぐさま確認、診断し、医療ケアを3時間以内に行うというものだ。

  続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

現代の発達障害の周辺

発達障害の周辺には何がある?

 

発達障害かどうかだけ見ていればいいのだろうか?

 

最近、必ずと言っていいほど出てくる話題が、発達障害とその周辺にあるその他の障害名でよばれる症状たちだ。

 

統合失調症かしら?という、いわゆる「わからない時には、全部そっちのカテゴリーに入れよう」的なもので呼ばれたりする、そのなんだかわからないけど、ご家族を含めて、通常の平穏な生活ができないタイプの子供や大人がいる。

 

なんでも、彼らの親や家族によると、共通するのが小さいころから、「たしかにちょっと変だった。」「ふつうと違っていた」ということである。しかし、診察や診断をすすめられるにまではいたらなかったり、すすめられても、親は「うちの子は個性が強いだけで大丈夫」だと思い、発達障害を疑ったり、検査や診察にはいかなかった。また、行ったとしても、案外「様子見」だったりしたのかもしれない。

  続きを読む

Related Posts:

農薬がついていると害があるのか?

 

 

自閉症その他の機能不具合がある場合、脳や神経系に害のあるものは体に入れないに越したことはない・・ですよね。

 

あらゆる食物をオーガニックで手に入れるのは至難の業。

 

なので、一般のものを買うべき時にはやはり農薬の影響が気になります。

 

日本で出回っている作物に関する情報源やサイトをご存知の方は、ぜひ教えてください~

 

以下、米国で農薬残留の高い作物ワースト12(ダーティ12)と低い作物「クリーン15」についての記事をご紹介しますので、買い物のお役に立ててください。

  続きを読む

Related Posts:

オーガニックと自閉症

オーガニック vs 非オーガニック

 

スーパーに売っている一般の食品を買わないでオーガニックを買った方がいいのはなぜ?

参考:こちらの記事

 

毒りんご

毒の正体は・・

 

数多くの理由の中の一つは、農薬の影響というものが大きい。

 

あいにく、農薬の体への害は複数ある。次に買い物をするとき、お値段高めのオーガニックにするか、そうでないのにするか迷ったら、この記事を参考にするとよい。次に述べる症状になったら、ちょっと高いお金ではすまされない影響がある。健康と人生がかかっている。

続きを読む

Related Posts:

自閉症、ダウン症、き弱X症、アルツハイマーの人への大豆の危険性

今回は、日ごろ慣れ親しんでいる大豆食品についてのショッキングなレポートです。

味噌や醤油など、発酵させたものはどうなのか??という疑問もなきにしもあらずですが、

最近の自閉症食では、cfgfsf と、soy-free も入れるようになってきていますし、しばらくは除去しておくのがよさそうです。。

では、少し長くなりますが、下記の記事の訳をつけておきますね~

出典:http://www.psychologytoday.com/blog/naughty-nutrition/201210/soy-and-seizures-0

 

大豆とてんかん発作。

アルツハイマー、ダウン症、き弱X症、自閉症の人への危険性。

2012/10/10

ケイラ・T・ダニエル博士(Ph.D., C.C.N.)

“Psychology Today”の「やっかいな栄養」(Naughty Nutrition)記事

 

脳で起こる電気的反応に影響?

脳で起こる電気的反応に影響?

大豆の摂り過ぎがADD/ADHD、うつ、心配性、痴呆その他の健康問題に関連付けられてから久しい。(1) 今回、てんかん発作も悪化させるらしいことがわかってきている

続きを読む

Related Posts:

  • No Related Posts